相模原MF菊岡拓朗、第二子誕生「さらにサッカーと向き合いたい」

写真拡大

 SC相模原は11月2日、MF菊岡拓朗に第二子となる次男が誕生したと発表した。同選手の次男は11月1日に誕生した。

 菊岡は1985年生まれの32歳。法政大学から2008年に水戸ホーリーホックへ加入し、2010年からは東京ヴェルディでプレーした。2012年からは栃木SC、2014年からはコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)に所属。昨季から相模原でプレーし、今季は明治安田生命J3リーグ第29節終了時点で24試合出場1ゴールを記録している。

 第二子誕生にあたり、菊岡は以下のようにコメントしている。

「私事ではございますが、11月1日に第二子が誕生しました。妻と子、家族に感謝するとともに、これからはさらにサッカーと向き合っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします」

 相模原は今季、明治安田生命J3リーグ第29節終了時点(27試合)で8勝9分け10敗、勝ち点「33」で12位。次節は5日、アスルクラロ沼津とアウェイで対戦する。