自宅で看取る為に必要なもの

いつかは愛犬も病気の末期や老犬となり、最後の時間をどう過ごすか考えなければなりません。病院に入院させるのか。自宅で看取るのか。それを自宅で看取ると決めた時、いくつか必要なものがあります。動物病院で働いていて必要と感じたものや、今私は自分の愛犬を介護しているので使っていて必要な物をいくつか紹介したいと思います。

ゆっくり眠れるベット

病気の末期や老犬になると寝たきりの状態が続きます。動けない愛犬が安心して眠れるよう愛犬の為のベットが必要です。

柔らかすぎないベット愛犬の体よりも大きめのベット洗えるベット

柔らかすぎるベットだと体が沈み、痩せた子だと骨盤などの骨が当たり床ずれが出来てしまいます。少し弾力のあるベットで数時間毎に体勢を変えてあげると床ずれ予防にもなります。その為には大きめのベットがあると体勢も変えやすく愛犬にも負担をかけません。

また私が介護していて1番大事だと思うのは、汚れても洗えるベットにしてあげる事です。ペットシーツをお尻の下にひいたりしても、寝たきりといっても全く動けない訳ではありません。どうしてもペットシーツがずれてしまいベットが汚れたり、オムツをしてもオムツに慣れていない子だと脱げてしまったりズレることもよくあるからです。

排泄の処理で必要なもの

ペットシーツオムツウェットティッシュ

寝たきりになるとペットシーツやオムツはたくさん必要です。すぐに汚してしまうので、たくさん買ってもあっという間になくなります。犬用でサイズが合うものがあれいいですが、なければ人用のものを切ったりして使っている飼い主さんもいました。
また、どうしてもお尻が汚れてしまったりするので、我が家では人用の介護用品のウェットティッシュを使っています。ペット用よりも安いものもあるし、汚れてもトイレに流せるものもあるのでゴミを減らせるし匂い対策にもなっています。

食事や水分の取り方

流動食流動食用のシリンジ点滴

いつもドックフードを食べていた愛犬も病状が進むにつれ食欲が落ち食べれない時がきます。食べなければ体力は落ち弱ってきてしまいます。寝たきりになった場合、固形のフードでは食べにくく誤嚥しやすいので缶詰や流動食が必要です。流動食用の注射器もあるのでゆっくり誤嚥しないよう食べさせてあげて下さい。大切なのは水分です。水分が足りないと脱水を起こすので、飲めないぶんは点滴で補ってあげて下さい。

人のように静脈から入れる点滴だと時間がかかり入院となりますが、皮下点滴という方法だと時間はかかりません。ラクダのコブのように皮膚の下に点滴をためる事が出来き、10分以内で終わるので入院の必要はありません。ただ静脈点滴よりも吸収がゆっくりの為重症の場合吸収が悪かったり即効性はありませんが、少しでも脱水の改善に効果はあります。病院によっては飼い主さんに皮下点滴のセットをお渡しし、自宅でやってもらう事もあります。

最初は愛犬に針を刺すことに躊躇われるかもしれませんが、自宅で出来るようになれば通院の必要も入院も必要なくなります。

酸素ケージや酸素テント

心臓などの呼吸器に問題のある場合や病気の末期になると呼吸が苦しくなってしまいます。病院に入院すればICUなどの設備で酸素吸入や温度の管理が出来ますが、もちろん入院となります。病院のICUほど酸素濃度は高くありませんが、今はレンタルで酸素テントや酸素ケージを借りる事が出来ます。インターネットで検索してもらうと何件か出てくるので、料金も5万以内でレンタル出来るので一度考えてみるのもいいと思います。

最後に

私は動物看護師として働いて1番悲しく思う瞬間があります。それは最後の時に、飼い主さんがいないまま亡くなる瞬間です。入院していると、深夜や誰もいない時間に亡くなる事もあります。誰にも看取られず亡くなったり、飼い主さんが間に合わず私達スタッフに看取られる事も少なくありません。「誰よりも大好きな人に見送られながら最後の時間を過ごしてほしい。」いつも私はそう思います。

自宅で看取る事は簡単ではありません。急変があった場合、飼い主さん1人では対応出来なかったり入院していた方が助かる可能性も高いと思います。ただ病気の末期の場合や老犬の場合、入院させる事だけでなく自宅で看取る事も選択に入れてもいいと思います。その判断は飼い主さん1人では出来ないと思いますので、かかりつけの先生と相談し家族で話し合い決めて下さい。最後の瞬間は飼い主さんに見守られながら旅立ってほしい。それが動物と接する仕事をしてきた私の願いです。