宮藤官九郎が脚本を務める大河ドラマ「いだてんー」は2019年1月スタート

写真拡大

2019年1月スタートの大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(NHK総合ほか)の主な出演者たちが決定。W主演の中村勘九郎、阿部サダヲに加え、綾瀬はるか、生田斗真、杉咲花、永山絢斗、勝地涼、竹野内豊、シャーロット・ケイト・フォックス、ピエール瀧、古舘寛治、杉本哲太、大竹しのぶ、役所広司、中村獅童が出演することが明らかになった。

【写真を見る】主役級の豪華俳優陣が大河ドラマ「いだてんー」の世界を彩る/(C)NHK

同作は、日本最初のオリンピック選手として1912年のストックホルム大会に立った金栗四三(勘九郎)と、1964年の東京オリンピックを組織委員会事務総長として成功に導く田畑政治(阿部)の奮闘を中心に、52年間にわたる日本人とオリンピックの関係を描く。

そして、今回新たに発表された出演者は物語の前半の主人公・金栗の人生に深く関わり、彩りを与える。

オリンピックにまい進する夫・金栗を支える妻・春野スヤを演じる綾瀬は「以前、大河ドラマに出演させていただいた時に、スタジオへの入り時間が、NHKの職員さんたちと一緒だったんです。なので、自分もNHKの職員になった気持ちで通っているのがひそかな楽しみでした(笑)」と振り返る。

また、スヤという人物を演じることについて「金栗さんが固い意志でオリンピックに突き進んでいく人なのに対して、スヤさんは歌やお酒が好きな、ユーモアのある女性だったそうなんですね。旦那さんを支えていく対極な性格の強い奥さんを演じていけたらなと思います」と語った。

金栗の盟友であり、共に日本最初のオリンピック選手に選ばれる三島弥彦を演じる生田は「脚本の宮藤官九郎さんとは、映画や舞台、ドラマなど、数多くの作品を一緒に作ってきたんですけれど、裸にさせられることが多いんですね(笑)。今回も裸になる予定がございますので、お茶の間の皆さんに見られても恥ずかしくない体作りを目指します」と目標を掲げた。

三島のよき理解者で、スポーツの魅力に引き込まれていくシマを演じる杉咲は「素晴らしい先輩の皆さんとご一緒できることを、幸せに思っています。少しでも作品に力を添えられるよう頑張ります」と緊張しながら心境を明かす。

金栗と共に、マラソン競技のオリンピック予選に参加する野口源三郎を演じる永山は「宮藤さんはいつも“とんでもない役”を振ってくるので、楽しみなんです。ですが、なぜかいつも僕の気分が落ちている時にお仕事をご一緒することが多いんですよね(笑)」と思わず現在のメンタルをポロリ。

金栗の幼なじみ・美川秀信を演じる勝地は「金栗さんが残した日記から分かる美川という人物は、よく歓楽街で遊んでいたり、金栗さんの家に転がり込んで食事を作ってもらったりと堕落した人間のようなのですが、そういった部分も愛してもらえるように演じていきたいと思います」と打ち明けた。

アメリカに留学し、日本にバレーボールとバスケットボールを持ち込んだ大森兵蔵を演じる竹野内は「(2020年の東京)オリンピックの前年の放送ということで、皆さんと力を合わせて楽しんで頑張ってまいります」と意気込みを見せる。

大森の妻である、大森安仁子を演じるシャーロットは「『いだてん』は、私の大好きな日本で開催されるオリンピック・パラリンピックを応援するドラマとなるでしょう。そして、このドラマが世界に届くことを楽しみにしています」とドラマへ期待を述べた。

金栗のマラソン用の足袋を開発する黒坂辛作を演じる瀧は「マラソン用の履物を作っていく役ということで、初めて聞く設定ではないなという感じがしております(笑)」と現在放送中のドラマ「陸王」(毎週日曜夜9:00-9:54TBS系)での役どころとの接点に触れ、会場を沸かせた。

東京高等師範学校の助教授・可児徳を演じる古舘は「宮藤官九郎さんの脚本での大河ドラマ。楽しい作品になるんだろうなと喜んでします」と率直な感想を。

ヨーロッパから体操を日本に持ち込んだ永井道明を演じる杉本は「永井道明は、日本の体育館などの隅にある体育器具・肋木(ろくぼく)を普及させた人物なんですね。僕はそれを今までただのタオル掛けだと思っていました(笑)」と告白。

金栗の養母である池部幾江を演じる大竹は「絶対に出たいと思って自分から立候補して、今日を迎えることができました(笑)」と喜びに溢れている様子で笑顔を見せた。

講道館柔道の創始者でもあり、“日本スポーツの父”とも呼ばれる加納治五郎を演じる役所は「宮藤さんの台本は、本当に面白くて痛快です。皆さん本当に楽しみにしてください!」と熱くアピールした。