諸國沙代子アナ「待てない〜」と後輩を置いて1人酒へ

写真拡大

読売テレビの人気番組『ytv アナウンサー向上委員会 ギューン↑』(関西ローカル)。11月1日の放送回では、諸國沙代子アナの驚きの生活ぶりが明らかになった。

毎週水曜深夜に放送され、金曜と土曜の深夜にも再放送されている同番組。今回は、バカリズムが原案・脚本・主演を務めた深夜ドラマ『架空OL日記』のDVD発売決定を受け、女子アナたちが“架空OL日記読売テレビバーション”を披露することに。

昼休みの休憩室という設定で、中谷しのぶアナ(入社7年目)、諸國アナ(入社3年目)、黒木千晶アナ(入社2年目)、中村秀香アナ(入社1年目)がトークを展開。黒木アナが得意料理について尋ねると、中谷アナは「最近さ、アクアパッツァ作ったの。豪華だけど簡単にできるよって言われてて、それが3年くらい前なんだけどずっと作りたいと思っててて、3年の時を経て初めて作った」と明かす。黒木アナが「モテそうな料理ですね」と聞き、中谷アナが「ハンバーグの次にアクアパッツァ」と続けると、黒木アナは「あーいいですね! ハンバーグ、アクアパッツァ……親子丼」と自信満々に謎の発言。中谷アナが「なんで親子丼なの?」と聞き返すと、黒木アナは「すごい男性受け良さそうじゃないですか」と理由を語るも、後輩の中村アナが「それ言ったら肉じゃがじゃないですか」とツッコミを入れると、一同は納得した様子。

そんな中、中谷アナが「次さ、鯛の釜飯作ってみたくて。ちょっとやってみたいと思って」と話し始めると、黒木アナは「鯛だけに!」と割り込む。さらに、「やってみタイ」と続けるも、中谷アナは「違う! 掛けてないからやめて」と弁明し、モニタリングしていたガダルカナル・タカも驚きの表情を浮かべ、「このコンビまだ熟成されてこないか」と、天然キャラ同士のやり取りに頭を抱えていた。

そして、話題は「諸國アナと中村アナが2人で飲みに行った話」に。中村アナが「やっと2人で行けたんです。夕方ぐらいまで仕事があって、この時間でお願いしますって言ったら、諸國さんは先に1人で飲まれてた。昼過ぎくらいからですかね」と明かすと、驚きの声があがる。そこに席を外していた諸國アナが戻ってきて、「日によりますけど、昼過ぎくらいに帰ったら誰も一緒に飲みに行ける人がいなくて」と朝の番組担当ならではの理由を語るも、中谷アナは「え、中村との約束あったんだよね?」と確認する。すると、諸國アナは「中村との約束は夜ですよ、夜」と悪びれずに話し、「(それまで)待てない〜」と告白。さらに、その間にオイスターバーでウイスキーを5、6杯飲んでいたそうで、あまりのエピソードにタカも「かっこいいな。こいつ」と感心していた。