立派なたてがみを持つ2頭のオスライオンが、立ち木の茂みに隠れて求愛行動をとっている様子がケニアの草原で目撃されました。

Gay lions put on public display of affection in Kenya | Daily Mail Online

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5038387/Gay-lions-spotted-putting-Kenya.html

その様子をケニアのマサイマラ国立保護区で目撃したポール・ゴールドスタインさんによると、2頭のライオンはまるで人目を避けるように茂みの中に入っていき、最初は横に並んで立っていたとのこと。



その後、片方が地面に寝そべり、その上にもう1頭が覆いかぶさるように乗る体勢になったとのこと。下に寝るライオンの頭の上にもう1頭の頭を乗せ、マッタリと「カップル」の状態になっていたと思ったら、やがて交尾の体制へ。通常であれば、オスとメスのライオンの交尾はわずか数秒で完了し、最後は乱暴な行動に発展するのですが、この2頭は1分以上も交尾を続け、行為後もお互いの鼻と鼻をこすりつけるなど仲むつまじい状態を続けていたそうです。



ゴールドスタインさんはケニアでExodus Travelsのガイドを務めているのですが、このような光景を目にしたのは初めてだったとのこと。その時の様子を「ボツワナでこのようなことがあったという話は聞いたことがありますが、ここでは初めてです。私はテレビのドキュメンタリー番組のように動物を人間のように見立てた感動モノは大嫌いなのですが、この一件は驚かされただけでなく、自然に笑みがこぼれました」と語っています。

レアな光景が目撃されたわけですが、実は同性のライオンが求愛行動をとることは以前から知られており、過去の研究で観察されたライオンの交尾のうち8%はオス同士の行為であったという研究結果も発表されているとのこと。また、メス同士の求愛行動も確認されていますが、これは檻などに隔離されている個体同士によるものがほとんどだそうです。

また、ライオン以外にも同性の個体による求愛行動は確認されており、フラミンゴやバイソン、カブトムシなどの甲虫の仲間など450種で同様の行為が見られるとのこと。2010年の研究では、アラスカアホウドリの「つがい」の3分の1は、2羽のメスによるものであることも判明しています。