宇野の出血により、無念のTKO決着となったメイン
 HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝第ニ試合は、宇野薫(日本/和術慧舟會東京本部) vs 山本“KID”徳郁(日本/KILLER BEE)の一戦。
 入場時、宇野のセコンドには、ケビン山崎氏が登場。一方、KIDのセコンドには、先ほど試合を終えたばかりの盟友、朴、菊地もつき、KILLER BEE総出でKIDをサポートする。
 試合は、軽快なステップとフットワークでKIDの周りを回る宇野が、右のフックで先制。KIDの反撃のパンチも巧みにかわしてみせる。1Rの5分は、お互い有効打を一つも許さない緊迫した展開となった。
 2Rには、開始早々、宇野がKIDからテイクダウン。すぐに起き上がるKIDを追いかけると勢い余って、両者ともにリング外へ飛び出すアクシデントも。再開後は、再び打撃戦となるも、KIDの右フックが宇野のこめかみをかすめ、宇野の左こめかみから出血。2度のドクターチェックの末、レフェリーが続行不能と判断。無念のTKO負けとなった。

【大会データ】
HERO'S全試合結果はこちら