『ブレードランナー 2049』興収1位も動員では2位 ライバルはまさかの『プリキュア』!?

写真拡大

 先週末の動員ランキングでは初登場1位となったのは『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』。「プリキュア」劇場版シリーズの通算23作目となる本作は、全国217スクリーンという中規模公開ながら、上映時間65分(同時上映の『Petit☆ドリームスターズ!レッツ・ラ・クッキン?ショータイム!』とあわせて70分)という効率のいい回転で親子客を中心に17万700人を動員。上映時間163分、レイトショーを除けば1スクリーン1日3回上映が限度の『ブレードランナー 2049』の動員14万9947人を上回った。ただし、客層は大人ばかり(レイティングもPG12)、IMAXをはじめとする特殊上映の観客比率も高い同作は、興収では『プリキュア』の1億9310万1900円を上回る興収2億2649万3800円を記録。公開日となった金曜日からの3日間で動員20万4100人、興収3億0528万3600円という、まずまずの出足を記録した。

ランキングはこちら

 Forbes JAPANによる「映画『ブレードランナー』続編が大コケ 中年にしか受けない説」という翻訳記事が、Yahoo!ニュースのトピックスに「ブレードランナー 米で大コケ」という14文字見出しで躍ったことで、日本では公開前から「大コケ」のイメージが一人歩きしてしまった『ブレードランナー 2049』。既にいくつかの日本の映画メディアやソーシャル・メディア上の投稿でも指摘されているように、アメリカ国内における同作の成績はあくまでも「莫大な製作費と比べると物足りない」「批評家から絶賛されているわりには伸びていない」といったレベル。例年アメリカで興行が落ち込む10月の公開作(10月公開という時点で、映画会社がメガヒットを期待していなかったことがわかる)としては十分に健闘といえる結果で、「大コケ」という表現は行き過ぎであった。ちなみに元記事では「Disaster」(=大惨事)という単語が使用されていたが、その記事を書いたスコット・メンデルソンなる人物は、その後も執拗に本国のForbesで『ブレードランナー』サゲ記事をアップし続けている。レプリカントに親でも殺されたのだろうか?

 もっとも、最終的に46の国と地域で初登場1位を記録した『ブレードランナー 2049』が、世界中で最も公開が遅く設定された、そして本国から大いに期待されていたであろう、日本と中国で大ヒットに到っていないのは事実。日本では週末動員で『プリキュア』に足をすくわれるという思わぬ事態となったが、日本と同じ週末に公開された中国でも、同日公開の近未来を舞台にしたアメリカのパニック映画『ジオストーム』(2018年1月19日公開予定)に圧倒的な差で破れてしまった。

 『ブレードランナー 2049』の前作が公開された1982年当時、もちろんリアルタイムで作品を観られるような社会体制にはなく、同作にノスタルジーなど持ちようがない中国の大部分の観客にとって、より魅力的だったのは中国系アメリカ人俳優ダニエル・ウーが出演している『ジオストーム』だったということなのだろう。世界中の批評家から絶賛されている『ブレードランナー 2049』に対して、酷評の嵐が吹き荒れている『ジオストーム』。批評が興行には結びつかないというのは日本でもよくある現象だが、中国は日本以上に特殊なマーケットなのだ。(宇野維正)