本人も来場!「アントニオ猪木酒場」が11月3日にリニューアルオープン

写真拡大

2008年4月に新宿三丁目に誕生したアントニオ猪木酒場が、10年目の節目を迎えるその前に、新宿駅東南口から徒歩1分の場所に移転、11月3日にリニューアルオープンする。

「アントニオ猪木酒場」は、「アントニオ猪木」氏をモチーフとしたエンターテイメント居酒屋。リング席やモニターをいたるところに設置しており、「プロレス」を楽しみながら飲んで食べることができる。「1・2・3サラダー」や「アントニオリブ」や「コブラツイスト」などのアントニオ猪木氏に由来したメニューが人気だ。移転先でもリング席やモニターが設置され、看板メニューも引き続き楽しむことができる。

なお、移転を記念した出血大サービスが予定されており、第1ラウンド(11月3日〜5日)は、生ビール(中ジョッキ)が123円で提供となる。しかも何杯飲んでもOKだ。第2ラウンド(11月6日〜9日)は闘魂焼酎ボトル 半額(キープ可能!)。「燃える闘魂」や「燃える闘魂ゴールド」などの焼酎を半額で楽しむことができる。第3ラウンド(13日〜先着123名)はビーフステーキ(200g)が500円のワンコインで楽しめる。通常価格が1080円なのでこちらも実に太っ腹なサービスとなっている。

さらに、11月3日はオープンスペシャルイベントとして、アントニオ猪木酒場に本人が降臨!! 開始は17:30を予定している。続く11月4日と5日はスペシャルイベントとして、アントニオ小猪木氏とアントキの猪木氏が一緒にオープンスペシャルイベントを実施する。

アントニオ猪木のファンの方はもちろん、3連休に何か新しい発見をしたい方は足を運んでみては?

なお、教えて!gooウォッチでは傑作のおやじギャグ特集の中でアントニオ猪木のネタも掲載している。温かい目で見てみてください。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)