31日、中国メディアの参考消息網は、在韓米軍への高高度防衛ミサイル配備をめぐって関係が悪化していた中国と韓国が関係改善を目指すことで合意したことを受け、韓国国内は「恵みの雨」と沸き立っていると伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年10月31日、中国メディアの参考消息網は、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐって関係が悪化していた中国と韓国が関係改善を目指すことで合意したことを受け、韓国国内は「恵みの雨」と沸き立っていると伝えた。

中韓両国は31日、韓国側は中国側のTHAAD問題関連の立場と憂慮を認識し、韓国に配備されるTHAADは本来の目的に基づき第3国を対象にせず、中国の戦略的安保利益を害しないという点を明確にすること、中国側は国家安保を守るために韓国に配備されたTHAADに反対するという点を改めて明確にすること、同時に中国側は韓国側が表明した立場に留意し、韓国側が関連問題を適切に処理することを希望すること、双方は両国軍事当局間チャンネルを通じて中国側が憂慮するTHAAD関連問題について疎通していくことで合意し、悪化していた関係を修復すると発表した。

記事は「この雪解けの信号は、韓国で今年最も熱いニュースとなった」とし、「韓国の主要なニュースサイトのトップを占拠した」と紹介。

さらに韓国メディアがこの話題について伝えた記事のコメント欄に「本当にいいニュースだ」と書き込まれると即座に数百人から「いいね」が付けられたこと、「すごい。前政権の誤りが正された。経済界にはまさに恵みの雨のニュースだ」という声が書き込まれたことなどを紹介した。(翻訳・編集/柳川)