「特別な雰囲気を楽しんでプレーしたい」と笑顔を見せた永井(撮影:米山聡明)

写真拡大

<TOTOジャパンクラシック 事前情報◇2日◇太平洋クラブ 美野里コース(6,608ヤード・パー72)>
先週の「樋口久子 三菱電機レディス」でツアー初勝利を挙げた永井花奈が、日本で行われる唯一の米国ツアー「TOTOジャパンクラシック」で2週連続優勝を狙う。
あどけない笑顔でピース!永井花奈のフォトギャラリー
初優勝だけあって反響は相当なものだった。表彰式を終えてゴルフ場を出るには、LINEにすでに150件のメッセージ。その後もひっきりなしにお祝いの言葉が届いた。「小学校以来の久々の人からもきて、びっくりしたけど嬉しかった」。スポンサーをはじめとした祝花も大量に届き、「お花畑みたいです(笑)玄関あけると匂いがしますね。あまりにたくさんあるのでどう飾ろうかと迷っています」と嬉しい悲鳴も。
喜びをしっかり噛みしめて家を出た後は、気持ちはすでに秋のビッグイベントへ。「今までは初優勝を目指してやっていました。これで初ではなくなりましたが、1勝だけではまだ満足していません。2勝目を狙っていきたいと思います。また今週は勝ちたい気持ちだけでなく、特別な雰囲気を楽しんでプレーしたい思いもあります」と語った。
今大会で優勝すれば来年の米ツアーのシード権が付与されるが、今はその気持ちを封印。「まずは日本で活躍することが一番です。日本で活躍できていない状態で世界のトップたちと戦っても結果は目に見えてますから。今は目標に向かってコツコツとやっていきたいです。今はその時ではないと思っています」。日米共催試合を前にしても浮かれることなく、一歩ずつ進化を続けていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ツアー初Vの永井花奈、持ち味は“データ上の総合力”と“数値に現れない強さ”【辻にぃ見聞】
永井花奈、努力の燃料は「親孝行」 両親の支えで掴んだ初勝利
永井花奈ツアー初Vの裏で…最終日中止に唇を噛んだ選手たち
【WITB】6番アイアンさえ抜いてしまう永井花奈の大胆クラブ戦略
日米美女が華麗にドレスアップ!TOTOクラシック選手歓迎レセプション