母親の「貯金は私が」という言葉を信じていました(写真:NOBU / PIXTA)

厚生労働省は、高齢者虐待には認めている「経済的虐待」を、子ども虐待には認めていない。しかし、現実には子どものカネを勝手に奪う親もいれば、子ども手当をパチンコに使う親もいる。ほかにも、まだ厚労省が認めていない虐待のタイプは山ほどある。
もっとも、いじめがそうであるように、子ども虐待も「何が虐待か」を判断する権利は被害者の子ども自身にあるはずだ。そのように、虐待される側の「子ども目線」を獲得しなければ、有効な虐待防止策は作れないだろう。
そもそも子どもたちは、義務教育課程ですら「虐待とは何か」を教えられないままだし、虐待されても親を訴えることが事実上できない。一方的に強者から支配され、文句1つ言えない無力な存在を、世界では「奴隷」と呼ぶ。
『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』(dZERO刊)に収録された100通の手紙から3日連続で1通ずつ紹介する本企画の最終回は、中国地方に住んでいる34歳の女性の書いた「親への手紙」だ。

子どもの自立を妨害する「経済的虐待」

母へ。受験の申し込み段階で、「女を大学にやって遊ばせる無駄金はありません」とあなたに言われ、土下座しても志望校を受験させてもらえなかった。高3の秋から就活をしてもまともな会社が残ってるはずもなく、就職浪人をすることになった私に「なぜ今まで何もしてなかった。どうしようもないクズだ」。

私は、在学中から受験費用を貯めようとしていました。交通費だってバカにならない。けど、バイトをしようとすると「門限があるから許さない。こづかいは十分あげてるからやりくりしろ。ひまがあるなら家業を手伝え」と止めましたね。

体力がなくて、山から山へのアップダウンが激しい片道1時間の自転車通学は無理なのに、定期代もくれません。友人は全員バス・電車通学だったのに。おこづかいはすべて交通費に消え、ほしいものも買えず、受験費用が捻出できるわけもない。安く都合よく使える労働力がほしかったんですよね?

毎月クレジットカードのキャッシングを使って売上が入るまで先延ばしし、入れば借金を返済して豪遊するという自転車操業。私は継ぎたくありません。一回未払いが生じればすぐに倒産してしまう状態だと、高校生でもわかります。

旅行に行ったり、毛皮のコートや宝石を買うお金はあるのに、子どもの学費は積み立てていない。家業を手伝って渡されるお給料は、毎月たった3万円。

「貯金は私が」という言葉を信じていましたが、ありませんでした。私が事故をしたことでおりた高額な保険金も、「貸して」と頼まれ、貸しました。あれから10年以上、1円も返してもらっていません。

私の奨学金をくり上げ返済用に貯めていたのも貸して、「責任持って返す」と約束していたのに返済せず、無断で滞納。あなたのせいで私の信用まで損なわれました。

しつけを超えていた

小学生の頃から、私はあなたのことが嫌いだった。「手が内出血して痛いから」という理由で布団たたきや竹刀が折れても私たちをぶって、裂けた竹が刺さることもありましたね。火のついたタバコを近づけられたことも。機嫌を損ねたら山中に子どもを置き去りにしたあなた。いつ置き去りにされるかわからず、外出先では常に顔色をうかがっていました。

しつけと称して裸の幼児を家の外にしめ出したあなた。裸だと恥ずかしくて、お隣さんへ助けを求められません。おねしょした兄弟の性器を「悪いちんちんならいらないね、切ろうか」とハサミを添えたあなた。

食事中に急にキレては、お箸を投げつけた。目に当たれば、失明してましたよ。石油ストーブが飛んで窓が割れたことも。私はちょっと叱られただけでも体が硬直する人になりました。


父にかまってもらうために、私の目の前で農薬を飲み、救急と父に電話をさせたあなた。農薬と、睡眠薬と、農薬。年1回のペースで3回ありましたね。

離婚もせず、浮気相手を私たちに会わせたあなた。だから離婚の際に、迷わず父を選んだんですよ。それすら阻止しましたね。

あなたは「反抗したから許さない」と、自分の頭をかばうことも、痛みを減らすために体を丸めたり、受け身を取ることも許さず、私は三時間以上も正座させられて、夏でも水分を取ることも許されず、延々と打たれ、説教されました。

私も大人になり、安定した職から自営業になりました。結婚し、子どもも生まれましたが、「夫は私がタバコの煙を吸わないで済むよう配慮してくれる」と言ったら、「あなたは気にしすぎ」と私の目の前で断りなくタバコを吸いましたね。

あなたの「家族のため」は全部、「お母さんのため」でした。

「お母さんが私たちにしたことは、しつけを超えていたと思う」

「昔はどこの家でも、それが当たり前。まさか虐待とでもいいたいのか」

いつかわかってもらえるかもしれないという期待は、つぶされました。私を苦しみから助けてくれたのは、カウンセラーや友人です。恨みで鬼のような顔をする私を家族に見せたくないし、もうあなたから搾取される人生はまっぴら。私はあなたと真逆の考え方で、幸せに生きます。

この国では子どもの人権は大事にされない

このような「子ども虐待」の被害者の声を、僕ら日本人は日常的に聞くことがない。日本社会では「何をされても、親だろ? 悪く言うな」という声がまだ大きいため、被害者が声を上げることが難しいのだ。
従来の虐待防止策は、「子育て支援」など虐待する親へのケアを優先してきた。おかげで児童相談所に寄せられる虐待相談は26年間も増え続け、減ることがない。そこで、冷静に考えてみてほしい。
たとえば、男が少女をレイプしたとき、男にレイプさせない仕組みを作ることを、少女へのケアより優先したい人などいるだろうか?
子ども虐待の場合でも、「育てる側の親目線」より「育てられる側の子ども目線」が優先される必要がある。子どもを育てる親も大変なら、育てられる子どもも同時に大変なのだ。
親から虐待されかねない子どもや、虐待されてしまった後でようやくその自己認知ができた大人の被害者が勇気を出して発した小さな声すら聞こうとしないなら、やはりこの国では子どもの人権は大事にされないのだと思わざるをえない。
だから、この本を企画し、編著者として制作した僕は、一般市民からオファーを受ける形で虐待防止の講演に呼ばれ、全国各地を飛び回っている。講演会の後には必ず、聴講者たちをお茶会や飲み会へ誘い、みんなで気軽に話をする。
地域では、虐待された人々が被害経験を誰にも言えないまま孤立を強いられている。そのため、一方的に講演して去るのではなく、その地域に同じ痛みを分かち合える人同士のコミュニティを作るチャンスにしたいのだ(この講演は年内までノーギャラで応じている)。
『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』という本も、そうした被害当事者たちや当事者の痛みを分かち合おうとする人たちによって寄付や事前購入が進められ、制作資金を調達でき、刊行の運びとなった。
もっとも、本書を書いた100人への採用謝礼(1人1万円)と振込手数料、本の発送代など110万円が足りず、現在も寄付とサポート購入を呼びかけている。ぜひ、特設サイトをご覧のうえ、「親への手紙」を書いた100人の勇気を買ってほしい。