広瀬すずは「ミットを持ったことないんだけどなぁ」という勝地涼を相手にミット打ちを披露

写真拡大

広瀬すずと勝地涼が、11月6日(月)から放送開始となる「レオパレス21」新CMに出演。11月2日に都内で行われた「レオパレス21新CM発表会」に出席した。

【写真を見る】互いのマイブームを予想し合うも、まさかの結果に

CM初共演となった二人は事務所の先輩・後輩の仲。広瀬が中学生の頃から知っているという勝地が「ここ何年かでだいぶ大人になられてドキッとします」と広瀬の成長についてを語ると、広瀬は「あら」と笑顔を見せた。

一方、広瀬が「(勝地の)お芝居がすごく好きで、会社にあるDVDや舞台などを見させていただいていたので、また違う勝地さんの姿で一緒にお芝居ができて、すごいうれしかったです」と話すと、勝地は「そうなんだ。俺の芝居が好きなんだ。そうかぁ」と笑いを誘うなど、息の合った掛け合いを見せた。

互いの「マイブーム」を予想するコーナーでは、二人そろってキックボクシングと解答した。

「お兄ちゃんがジャッキー・チェンさんの作品をよく見ていて、一緒に見ていたら強くなりたいと思い始めた」という広瀬は、勝地と一緒にキックボクシングのジムに行ったのをきっかけに「ドハマリ中」だと告白。

勝地から「昼過ぎに(ジムで)会って『今日2回目です』って。朝行って、昼にも行くって、事務所の先輩としては“どこに向かっているのか”心配になっちゃいますよね。『女優辞めないでね』『いきなり試合に出るとか言わないでね』みたいなことを言いました」と暴露された。

広瀬は「その日は休みの日だったんですよ。いっぱい寝たいので、6時か7時に行って、帰って寝て、お昼にまた行って、寝るというのが理想の休日です。(勝地に会ったのは)それを堪能している時でした」と説明。勝地は「そのスケジュールは“選手のトレーニングの仕方”ってトレーナーが言ってました」とあきれ顔だった。

また、「(パンチの)音が良いと気持ちいい!ってなりますね。パン!って鳴ると、良いパンチが入ったなとか、体重がちゃんと乗ったんだなって思います」とうれしそうに話す広瀬に、勝地は「見ていて忙しいんだなって思いました。忙しいからストレスがたまっているんだなって(笑)」とちゃちゃを入れたが、広瀬は「キックボクシングに1日2回も行ける時間はあるので(笑)、毎日充実しています。気持ちがすごくスッキリするし、汗をかくと気分転換などにいいですね。(ジムに行った日は)一日中、何でもできる気がするので前向きな気持ちになります」とうれしそうに話した。

さらに、キックボクシングがきっかけでアクションに興味を持ったという。「すごくやりたくなりました。新しい世界が見えたなって。アクションは難しそうな印象だったんですけど、いつかやってみたい」と意欲的だった。