1994年、全米選手権前のフィギュアスケーターが暴漢に襲われ出場不能に追い込まれるという「ナンシー・ケリガン襲撃事件」が起こりました。この事件ではフィギュアスケーターであるトーニャ・ハーディングの元夫らが逮捕され、後にハーディングにも疑惑の目が向けられることになります。順風満帆のキャリアを歩んでいたはずのハーディングがなぜこのような事を起こしたのかに迫り、第42回トロント国際映画祭で観客賞次点1位を獲得した映画「アイ、トーニャ」最新予告編がYouTubeで公開されています。

I, TONYA [Trailer] Redband Trailer - In Theaters Winter 2017 - YouTube

フラッシュを浴び……



カメラを向けられ……



1990年代のフィギュアスケート界であらゆる意味で大きな注目を浴びたトーニャ・ハーディング。



「ヘイターたちは『トーニャ、真実を』と言ってきます」と語るのは、ハーディング役のマーゴット・ロビー。



「でもそういう意味での真実なんてものはないのです」



「人はみんな、自分だけの真実を持っているのだから」



トーニャ・ハーディングは女子選手として史上2人目のトリプルアクセルを成功させた人物。



「私はある時点で、世界で最も優れたフィギュア・スケーターでした」





しかし、ハーディングの成功の影には、子どものころからの並々ならぬ努力がありました。



「キリストのためにしっかり滑るんだよ」と大声を出すのはハーディングの母親。他の子どもの母親に「子どもの前でののしらないで」と言われるも「誰もあんたのことをののしっていないよ、クソ女」と吐き捨てます。



そんなハーディングが練習の最中に出会ったのが……



ジェフ・ギルーリーという男性。





ドライブにでかけ……



楽しむ2人。





恋仲になると……



「まだやってないの?」と母親。





かなり強烈な母親の存在があるものの、2人は結婚。





「私はアメリカ的な幸せな家庭なんてほしくない」と反発するハーディング



「あんたのスケートはみすぼらしいレズビアンの男役みたいよ。恥ずかしい」





「今までの人生、成功しないとずっと言われて続けてきたけど、私はやれる」とハーディングが反論すると……











何かを投げつける母親。



ハーディングの視線の先には……



血の付いたナイフ。





試合で点数がつけられると……



「どうやったら公平にジャッジしてもらえるのか」と審査員の元へと向かうハーディング。



「我々は演出についても審査します」



「くたばれ!」



拘置所に入れられたハーディングの姿。



夫であるギルーリーがおびえた表情で部屋から出てくると……



あとから銃を持ったハーディングが続きます。



そして、物語はフィギュアスケーターであるナンシー・ケリガンが暴漢に襲われた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」へ。













時がたち、「私が子どもの時、愛していた?」とハーディングが尋ねた相手は……



母親。「私があんたをチャンピオンにしたのよ。あんたがそのことで私を嫌っているのは知っているけど、それが母親の犠牲ってもの」



「あなたが私を破滅させたのに」



「アメリカでは、みんなが愛する人を、憎む相手を探しています」















取材を受けながら、「冗談はよして」と語るハーディング。



「どこのどいつが友人の膝を殴りつけるっていうの」



「友人にそんなこと、できません」



「アイ、トーニャ」は2017年12月8日(金)に全米公開予定。日本での公開は未定です。