ソフトバンクの千賀滉大【写真:Getty Images】

写真拡大

近年は千賀ら侍戦士も…今年は10球団32人誕生、スターの原石となる育成選手たち

 今年のプロ野球ドラフト会議は82人の支配下選手が指名された。一方で32人が育成選手として指名を受けている。近年、3軍を所有する球団もあり、侍ジャパンのソフトバンク・千賀滉大投手(10年育成4位)ら、育成出身から這い上がった選手が増加。第2、第3の育成の星を育てようと、今年は10球団が参加し、原石を指名した。その中から将来が楽しみな注目選手を探りたい。

 まず、上述の千賀を筆頭に多くの1軍選手を輩出し、6人を指名したソフトバンクは育成6位の渡邉雄大投手(BCリーグ新潟)がおもしろい。186センチの長身ながら左のサイドから投げる変則左腕。すでに26歳と“オールドルーキー”に当たるが、かつては森福允彦、現在は嘉弥真新也と受け継いできた左キラーとして“育成の鷹”で花開くか。楽しみな存在になりそうだ。

 未知なる可能性では、ロッテの育成1位・和田康士朗外野手(独立リーグ富山)。高校時代は当初、陸上部に在籍し、クラブチームでプレーしてきた“高校野球経験ゼロ”の異色の経歴の持ち主だ。184センチ、68キロと線は細いが、ソフトバンク・柳田ばりのフルスイングが持ち味。岡田幸文(08年育成6位)のように、チームの主力へ成り上がりに期待したい。

背番号3ケタから始まるプロ野球人生、実力一つで夢を掴めるか

 ソフトバンクと同じように3軍を保有する巨人では、育成4位の田中優大投手(羽黒高)に注目する。投手に転向したのは、高校2年から。しかし、最速143キロをマークし、高い身体能力で一躍、プロの注目を浴びた。巨人の入団テストを経て指名を受けた右腕。本格的な投手歴はわずか1年と伸びしろ十分で、「元祖・育成の星」山口鉄也投手(05年育成1位)らに続く存在になれるか。

 ほかにも、楽天1位で大学時代に全国大会出場した井手亮太郎投手(九産大)、広島1位で最速151キロの剛腕を誇る岡林飛翔投手(菰野高)、DeNA1位で最速146キロの本格派右腕・中川虎大投手(箕島高)ら楽しみな原石はいる。

 いずれも背番号3ケタから始まるプロ野球人生。しかし、グラウンドに出れば、実力一つで夢を掴むことはできる。果たして、今年の育成選手から未来の侍ジャパンに名を連ねる選手は生まれるのか。飛躍の物語を見守ることもファンの楽しみの一つになりそうだ。