“2017年の人”に選ばれた竹内涼真

写真拡大

日経トレンディの「2017年ヒット商品ベスト30発表会」が都内にて開催され、竹内涼真、高梨臨、みやぞん、横山だいすけらが登壇した。

【写真を見る】竹内涼真は黒のタキシード、高梨臨は赤いロングドレスで登場

同イベントは、2016年10月〜2017年9月の間に発表された商品・サービスを対象に、ヒットの度合いを「売れ行き」「新規性」「影響力」の3項目に沿って総合判定されたランキングベスト30を発表するもの。竹内、高梨、みやぞんは「今年のヒット人」に、横山は「2018年の顔」に選出された。

“島谷ロス”“麦野ロス”などの言葉もはやり、2017年は複数の作品で存在感を出した竹内は、「2017年は自分をもっと多くの人に知ってもらいたいというのを一つの目標としていて、映画『帝一の國』『ひよっこ』『過保護のカホコ』、そして今やっている『陸王』と、一つ一つの作品に恵まれて、キャストさんだったりスタッフさんにすごく良くしていただいたので頑張れたというのはあります。

本当にがむしゃらに頑張ってきたことで、(今年のヒット人に)選んでいただけるというのもすごくうれしいことです」と感謝を述べ、「評価されたことに満足しないで、来年ももっと高い目標設定をして、モチベーションを高く持って頑張っていきたいなと思います」と来年の抱負を語った。

発表会後の囲み取材では、相方のあらぽんが今年入籍したことで、自身の結婚について問われたみやぞんが、「結婚する時間もございませんし、いい出会いもない。でも、今日はいい出会いはありましたけど…」と、高梨にラブコールを送る一幕も。

記者からみやぞんの印象を尋ねられた高梨は「本当に面白く、場を和ませてくれるので、魅力的な人だと思います」と回答。それを受け、みやぞんが「勘違いしてもいいってことですか?」と答えると、会場は笑いに包まれた。