海南産のサツマイモ(提供写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【海南聯合ニュース】韓国、中国、日本の3カ国がサツマイモをテーマとするワークショップを3、4の両日、韓国・全羅南道の海南郡農業技術センターで開催する。

 ワークショップには3カ国の専門家や企業関係者、農業関係者らが出席する。生産・加工・流通情報の交流を通じたサツマイモ産業の国際競争力向上や民間協力などについて協議する。

 同ワークショップは、韓中日がサツマイモ産業に対するそれぞれの研究成果発表と協力研究のために2年ごとに3カ国持ち回りで開かれる。