豊満な3人が「胸」をテーマに語る

写真拡大

 大きなバストは女性にとって(男性から見れば)ステータスのはず。にもかかわらず胸を強調したくない、胸を隠す女性も存在する。そんな若い女性3人に集まってもらった。パッと見ただけではそれほど大きく見えないが、実はみんな豊かな胸を持つ。そんな「隠れ」女子の実態とは?

 集まったのは、ウェブデザイナーでEカップのリサさん(仮名・27歳)、都内の某企業の受付嬢でEカップのユカさん(仮名・26歳)、そして事務職OLでFカップのマイコさん(仮名・25歳)だ。

マイコ:胸の大きさを気にしはじめたのはいつから?

ユカ:私は中3。部活辞めて少し太ったら胸も大きくなって、男子たちに「あいつ胸がデカいぞ」ってヒソヒソされてからかな。見られたくなくて、猫背になっちゃった。

リサ:体操服で走ってると揺れるからジロジロ見られたよね。制服もブラウスだけだとより目立つからベストを脱ぎたくなかったな。

マイコ:私は学校の机でノートを取っていたら、授業のあとで友だちに「机の上にオッパイがのってて男子が見ていたよ」って言われて恥ずかしかった。

リサ:男の人の視線ってわかりやすいよね。明らかに胸を見てるのがまるわかり。それで今でもわざとダボッとした服を着てる。みんないつもどんな服を着てる?

マイコ:どんなっていうより、消去法だよね。

リサ:胸元が大きく開いているのとか、Vネックは着ない。ぴったりとしたワンピースだと胸が出てる分だけ丈が短くなっちゃうから無理。

ユカ:ブラウスとか前開きのシャツは着ない。柄が伸びちゃうからプリントものも着られない。キャラモノだと悲惨なことに(笑い)

マイコ:胸の分だけ生地を持っていっちゃうからね。最近はブラもいらないんじゃないかって思ってて。形だけ崩れなければいいから。

リサ:とりあえずブラのパッドは抜いてる。

マイコ:ブラのワイヤーが食い込むからノンワイヤーブラを使ってる。胸を上げる必要ないし楽だから。

ユカ:私は『胸が小さく見えるブラ』を使ってる。普通のは外から寄せて上げるけど、それは胸を潰すというか、寄せずに散らす感じ。今日もつけてる。

リサ:こんなに大きくなくても良かったなぁ。見られるのは馴れたけど、セクハラも多いしね。

マイコ:前の会社でよく上司に胸揉まれたよ。

ユカ:よく満員電車の中で肘でツンツンされる。

リサ:少しだけガールズバーで働いていたとき、お客さんに必ず最初に言われるのが「君、胸大きいね」だった(笑い)

マイコ:褒め言葉なんだろうけど、あんまり嬉しくないよね。というか興味ない。

ユカ:オッパイを最初に見てくる男はみんなヤリ目的に見えちゃうよね。だから胸を隠す服を着るようになったけど、男の人ってなんであんなに巨乳が好きなんだろう?

リサ:女同士でも「大きいから触らせて」ってあるけど、リアクションに困る。

マイコ:あげられるならあげたいよ、その代わり小さくしてくれるなら。

リサ:でもよく街中で、これでもかってくらいに胸を強調してる人がいるけど、無理して寄せてるのってすぐ分かるよね。

マイコ:胸元がIの字になってるのがニセモノ。本物は自然とYの字の谷間になるもんね。

リサ:わかる。本当に大きい人は隙間がちゃんとあるんだよね。

ユカ:そのときだけ優越感を持つよね。「私だったらそんなに無理しなくても普通にできちゃうけどね」って。でもそんな格好しないんだけどね(笑い)

■取材・構成/青野有城

※週刊ポスト2017年11月10日号