iPhoneのコントロールセンターでのWi-Fi・Bluetoothオフの自動復帰と活用方法を理解する

写真拡大

これまでのiPhoneでは、Wi-FiやBluetoothのオン/オフは、コントロールセンターで可能だった。しかし、iOS11では、コントロールセンターでオフにしても、いつの間にかオンに戻ってしまうことがある。

実は、iOS11以降は、コントロールセンターから完全にオフにすることはできない仕様に変更されているからだ。

慣れないと戸惑ったり、イラッとしたりするかもしれない。
しかし、理解して使えば、意外に便利に使えるのだ。

●コントロールセンターでオフにするとどうなる?
コントロールセンターでWi-FiやBluetoothのボタンをタップして「オフ」にする。

Wi-FiアクセサリやBluetoothアクセサリとの接続が切断される。
ただし、Wi-FiやBluetooth自体は引き続き使えるようになっている。それはなぜか。

iPhoneは、Apple Watchを始めとして、Wi-FiやBluetoothを利用しているいくつかの重要な機能がある。
完全にオフにしてしまうと、これらの機能まで使えなくなってしまう。
それを避けるために、コントロールセンターからの操作では、アクセサリとの接続を切るだけにしてあるのだ。

ちなみに、Wi-FiやBluetoothが完全にオフになると影響を受ける機能は以下の通りだ。
・Airdrop
・AirPlay
・Apple Pencil
・Apple Watch
・連係機能(Handoff、Instant Hotspot など)
・Instant Hotspot
・位置情報サービス

今までのように、コントロールセンターで完全にWi-FiやBluetoothがオフになると、これらの機能も使えなくなる。
使うためには、再度オンにしなければばらない。

しかし、iOS11では、公衆無線LANやBluetoothスピーカーの接続をコントロールパネルでオフにしても、AirDrop やApple Watchなどは引き続き使えるというわけだ。

●再度オンになるタイミングは?
実は、コントロールセンターでWi-FiやBluetoothをオフにした場合、現地時刻の午前 5 時になると「オン」の状態に戻る。

そのほかにも、オンに戻るケースがある。
・コントロールセンターで Wi-Fi 、Bluetoothをオンにする
・「設定」でネットワーク・機器に接続する
・新しい場所に徒歩や車で移動する(Wi-Fiのみ)
・iPhoneを再起動する

「設定が戻ってしまった」と感じるのは、新しい場所へ移動したり、朝5時を過ぎたりした場合だろう。オンに復帰するタイミングを理解していれば、とまどうこともないだろう。

●それでも完全にオフにしたい場合
Wi-FiやBluetoothの機能を完全にオフにしたい場合は、コントロールセンターではなく、「設定」を利用する。また、機内モードにしている間も、完全オフとなるので覚えておこう。

常時接続していれば、便利は便利かもしれない。しかし、「Broadpwn」のような脆弱性を突いてくる攻撃にさらされる危険性もある。

時と場合を考えて、コントロールセンターでオフにするか、「設定」で完全にオフにするかを選ぶようにするといいだろう。