ラスベガスの世界大会に出場したときのエントリーカードは倉持由香さんの宝物!

写真拡大

1987年に誕生し、91年には続編となるスト兇世界的に大ヒット。対戦格闘ゲームという新たなジャンルを生み出したストリートファイターシリーズは今年で30周年。

幼少時代からストリートファイターシリーズに親しみ、「ゲーセン通い→海外大会出場」と、対戦格闘熱がまったく収まらないグラドルの倉持由香さん。そんな彼女のストリートファイター初体験とは?

* * *

倉持 私、スト兇登場した1991年生まれで、人として同期なんです! なので、初めて遊んだのもスト兇任靴燭諭子供のときから「春麗(チュンリー)、カッコいい! 太ももエロい!!」と思ってました。

―春麗がエロカッコいい、ポイントとは?

倉持 筋肉質な太ももです。スト兇了代はドット絵でゲームを再現していましたが、あの太ももはドットの影と色のグラデーションがきれいなんです。女性らしい体の丸みもあるけどゴツくない。私の理想のボディなんです。これは、キャラをデザインしたイラストレーターのあきまん先生の技量がスゴいってことだと思います。

―毎年、ラスベガスで開催される世界最大のゲーム大会「EVO」にも参加したとか?

倉持 3回戦まで勝ちました。

―スゴいじゃないですか!

倉持 ウル犬離┘鵐肇蝓爾世韻如■伽蘓涌幣紊い泙垢ら、全然ですよ(笑)。でも、会場には観客が1万人以上いて、本当に盛り上がってます。声援でラスベガスの会場が揺れるんですよ!

―スポーツ観戦やライブと同じ感覚で楽しめると?

倉持 そうですね。ストリートファイターって観戦してわかりやすいんです。派手な必殺技の出し合いを見つつ、体力ゲージをチェックするだけで観戦を楽しめます。なので世界中の誰が見ても白熱するんですよ。

―でも、実際にプレイすると難しそう…。

倉持 スト兇鰺靴鵑誓ぢ紊覆蕁∈膿靴離轡蝓璽困發垢阿乏擇靴瓩泙后昇龍拳や波動拳の出し方は一緒だし、ガードもレバーを後ろへ入力するだけなので同じです。グラフィックは進化しても基本的な部分は変わらない。どんな世代でも楽しめるのがストリートファイターの魅力だと思います。

あと、海外では日本人のプロゲーマーが多く活躍しています。ストリートファイターは日本発のゲームなので、ぜひ日本勢に頑張ってほしい。もちろん、私や週プレの読者の皆さん、誰にでも世界王者になるチャンスがあります!! それがストリートファイターなんですっ!

◆『週刊プレイボーイ』46号「STREET FIGHTER 30周年」では、伝説的作品から最新作までを大紹介しているので、是非お読みください!

(取材・文/直井裕太 撮影/下城英悟)