ヤマダ電機の「FUNAI BDレコーダー」HXシリーズ

写真拡大

 ヤマダ電機は11月3日、「FUNAI BDレコーダー」の従来シリーズであるHTシリーズとHWシリーズに、新たにHXシリーズの2機種「FBR-HX3000」と「FBR-HX2000」を追加して発売する。いずれも価格はオープンで、実勢価格は11月3日に発表する。

 「FBR-HX3000」は3TBのHDD、「FBR-HX2000」は2TBのHDDを内蔵する。地上デジタルとBS/110度CSデジタルのチューナーを6基搭載し、放送時間帯が重なっても6番組を同時録画できる。映画やドラマ、新番組などのジャンルや出演者をあらかじめ選んでおけば、6番組同時録画に対応した「おまかせ録画」もできる。

 「こだわりまるごと録画」では、最大6つの放送局から好きな時間帯を指定した自動録画が可能。好きな時間の視聴はもちろん、古い番組から自動で消去するので、番組を消去する手間もかからない。

 「まるごとザッピング」では、こだわりまるごと録画をした番組を視聴しながら、裏番組や次の再生番組を探すことができる。

 スマートフォンやタブレットなどとの連携機能では、外出先で再生できる「どこでも視聴」や電波の届かない場所でも番組を持ち出して楽しめる「番組持ち出し」、放送中の番組をスマホやタブレットに転送して楽しめる「放送中の番組視聴」などを搭載する。

 Android OSのスマホユーザーの場合、「SDカードへの番組持ち出し」と「音声付き早見再生」も可能になる。

 ほかにも、新番組やドラマの初回を逃さない「新番組おまかせ録画」や、スマホやタブレットで番組表を表示して番組検索できる機能も搭載する。