今回紹介する調理器具は、不思議な形状で、Omegavispenという名の万能調理器具。『炒める・混ぜる・つぶす・すくう・撹拌する・こねる……etc 』 スウェーデン生まれの万能調理器具!!この素敵なセールストークに惹かれ、手にしてみました。ほんとに? 1本でいろいろできるの〜??

婚活用(?)便利な調理グッズCHECK[3] スウェーデン産の万能調理器具「オメガヴィスペン」は本当に万能?

『炒める・混ぜる・つぶす・
すくう・撹拌する・こねる…… etc 』
スウェーデン生まれの万能調理器具!!

(どんだけ〜?/心の中の声・IKKOさん風)

このセールストークに惹かれ、手にしてみました。

ほんとに? 1本でいろいろできるの〜??

1本で何通りもの使い方ができる夢の調理器具「Omegavispen」

今回紹介する調理器具は、不思議な形状で、
Omegavispenという名の万能調理器具。

「omega」は、
先端の形がギリシャ文字の(Ω)と、
スウェーデン語で、「泡立て器」は、
「Vispen(ヴィスペン)」という意味で、
「オメガヴィスペン」と名付けられたそうです。

手にした瞬間の一言。

「かるかぁ〜」

びっくりです!!

大きさ・重さを調べてみたよ〜。

全長は、25cm。

先端のΩ形状になっている部分のサイズは、
外側の直径5cm、内側の直径3.5cm。

材質は、ナイロン70%とグラスファイバー30%。

重さ、なんと25g‼︎‼︎‼︎

すごく軽くて、普通のおたまより小さい。

(切手82円の切手を貼って送れる手紙の重さが25g。
 ちなみに、26g以上になると切手92円……
 こんな情報、役に立つのやろか?)

オメガの形をしている丸い部分は、
外側と内側に開きと微妙に角度の差があり、
この角度と開きのおかげで、
1本でいろいろ使える器具なのでは、と思い……

横から見ると、
外側と内側で、
ビミョーに角度が変えられている、
先端のオメガ部分。

婚活・料理教室の成果を試しつつ、万能調理器具1本で作れるものにトライ!!

「う〜ん。なんやろかぁ〜」

『つぶす・まぜる』という作業が
これ1本で、できる料理……。

ん! 
まずは、ポテトサラダにトライ!

『つぶす』の工程 じゃがいも・ゆで卵。

じゃがいもは、ポテトサラダといつたら主役。
つぶすことはできるのですが……、
「う〜ん」

ある程度、重さのあるポテトマッシャーに
慣れている私は……、

軽いからなのか? 小さいからなのか?
ポテトマッシャーでやりたくなっちゃいました〜。

軽すぎて、
力の入れ具合が、
どうにも
うまくいかんです……。

ゆで卵つぶしは、
力はそれなりに必要だけど、
つぶれ具合も程よい大きさで
オススメです。

ゆでたまご、
「ぶに〜っ!」と、つぶれたばい。

ポテトや、ゆでたまごを
一気につぶしながらまぜるという
「時短」作業には、意外と使える!

最初から、こうすればよかった!?

『混ぜる』ための先端形状に段差があり、
隙間があるので、きれいに混ざり、
なんといっても軽いので、混ぜやすかったよ〜。

混ぜたあと、
取り分け用としてもかわいいので、
そのままテーブルに出してもOKかなぁ〜。

菜箸でまぜるよりよかば〜い。

ポテサラって、おとな男子には、
かなり人気のメニューなのよね〜!

作り甲斐、あるけんね〜。

『つぶす・まぜる・こねる』の検証のため、ハンバーグにトライ!!

『つぶす・まぜる』は、
ポテトサラダ同様、使い勝手は合格点!

『こねる』については、
いつも手でこねていたのが、
このオメガヴィスペンでこねられたことは、
素敵!!

手がべとべとになっていたのに〜。

これは、便利かよ〜。

手でこねなくても
きれいにできるので、
ちょっとウレシイ!

フライ返しにどうかなぁ〜とやってみたとよ〜

……。

これには不向きでした! 残念!!!

2段階になっている輪、
もしかして、卵の卵黄/卵白分けられるかなぁ〜って、
やってみたけど、無理でした。

(あれ〜。一瞬で流れてしまった!!!)

『炒める』チェックのため、久しぶりに食べたくなった高菜チャーハンを作る!

九州では高菜は、あたりまえのように食卓に。

久しぶりに高菜チャーハン食べたくなって、
今回は食材の炒め具合も試したかったから、卵を入れてみたよ。

もちろん豚骨ラーメンに高菜もうまかば〜いっ。

生たまごは、
とにかくきれいにまざる!

オメガヴィスペンは、ほんと軽くて、
フライパンの底にフィットして、
うまくかき混ぜられたよ〜。

私は、へらとの違いを感じられたけど、
これは、ぜひ使ってみて、
感じてもらいたいです。

形状のΩ部分にした理由が、
わかるかも、です。

『つぶす・いためる・こねる・すくう』全部の要素をクリアするメニューは、コロッケばい!

最後のメニューは、コロッケ。

耐熱温度200℃まで大丈夫ということで、
『つぶす・いためる・こねる・すくう』全部が試せるし、
なんたって、おとな男子が好む家庭料理の頂点(?)だし……。

ポテトをつぶすのは、
私には
ポテトマッシャーのほうが
やりやすい気が……。

オメガヴィスペンは、
『炒める』は、かなり得意!

『すくう』に、意外な弱点!
コロッケ成形の際、
ボールからタネをすくっていくと、
どうしても、最後にすくい残しが……。

ま、仕方ないか。

もちろん、
揚がったコロッケを
すくうのは、
問題なくできるのですが……。

『つぶす・いためる・こねる』ハンバーグと同様、
ポテトつぶしはやっぱり、
ポテトマッシャーの良さを知っている私としては、
こちらに手がいきそう〜(笑)。

でも、1本で済ませると、洗いものが減るので、
今回もすべて、オメガヴィスペンで。

そして、『すくう』。

たしかに上手くすくえたものの、
揚がったコロッケすくいは、
油の熱も上がったからなのか、
私が、まだまだ、油になれてないからなのか……、

油が飛ぶ恐怖に、
ついつい、いつも使っている
トングを使ってしまった(涙)。

揚げ油の恐怖に負けた私は、危なくない『すくう』に再度挑戦!!

ということで、
危なくない『すくう』に再度挑戦!!

『すくう』を重視して、ささみ梅肉和え。

『すくう』の工程のみだと、
調理器具はすでに持っている方もいらしゃると思います。

わたしもそうですが……。

ゆでたささみなど、
大きな固形物を
『すくう』場合は、
まったく問題なし!

そして『和える』。
菜箸でやるよりも
オメガヴィスペンのほうが、
早くまぜられる気が……。

オメガヴィスペンは、
さらに、『和える』ということができ、
形が小さいので、
1人前(泣)だけ作るときの、
少量の料理用の小さいボウルでも
サイズを気にせず使用できますよ。

和えるときに菜箸は無用。

今回はこんな感じで料理してみたけど、
オメガヴィペンは、万能調理器具で、
まだまだ、いろいろできるみたい。

オメガヴィスペンの先端の隙間は、
カレー・シチューのルウを溶かすにも
おたまで具材をつぶしてしまった!!ってことがなく……。

フライパン・鍋のカーブにフィットする形状で
鍋肌や鍋底に沿って素材をかき混ぜることができるため、
焦げ付きも妨げるらしい。

私的には、
このオメガヴィスペンは、
へら・菜箸・穴あきお玉・ポテトマッシャーの器具が
一体化されたものかなぁ〜という認識。

そして、なんといっても『かるいっ!』

みなさんにも、こんな軽い万能調理器具に
一度手に触れてもらいたかぁ〜。

混ぜるという工程で使ってもらいたかぁ〜。

ポテトマッシャーには、負けてしまったけど……(笑)。

ささっと料理ができちゃう
「できる妻」を目指して、
これからもがんばります!

田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。