ヤマダ電機の65型「FUNAI 4K対応テレビ」

写真拡大

 ヤマダ電機は11月3日、今年6月に船井電機と独占契約を結んで販売中の「FUNAI 4K対応テレビ」6000シリーズと4100シリーズに、65V型を追加販売する。「FL-65UA6000」と「FL-65UD4100」の価格はオープンで、実勢価格は11月3日に発表する。5000シリーズと合わせた3シリーズで65型のラインアップがそろう。

 「FL-65UA6000」は3TBのHDDと、地上デジタルとBS/110度CSデジタルチューナー6基を内蔵し、最大5チャンネル、2週間分の番組を自動録画できる「まるごと録画」に対応する。スマホやタブレットに専用アプリ「FUNAI Connect」をダウンロードすれば、外出先でテレビ放送や録画番組も楽しめる。

 「FL-65UD4100」は500GBのHDDと、地上デジタルとBS/110度CSデジタルチューナー2基を内蔵し、最長60時間の録画ができる。

 いずれも液晶の倍速駆動のほか、幅広いコントラスト表現が可能なHDRに対応する高画質エンジン「クリアピクスエンジン 4K HDR」を搭載する。