女性の脚を顕微鏡レンズで再撮、永瀬沙世の写真展「THE VOID」開催

写真拡大

 フォトグラファー永瀬沙世の写真展「THE VOID」が、11月9日から11月20日の期間表参道の「GALLERY 360°」で開催される。
 永瀬沙世は、東京を拠点に活動する1978年生まれのフォトグラファーで、これまでに9冊の写真集を制作している。写真展では、約10年前から撮影しているスナップ写真のコンタクトシートに映る女性の脚を顕微鏡のレンズで再撮影した新作を展示。開催に合わせて、写真集「THE VOID」を400部限定で発売する。価格は2,800円(税込)。