ディエゴ・シュワルツマン【写真:Getty Images】

写真拡大

身長差38センチ、「小さな巨人」シュワルツマンに驚嘆「ショット・オブ・ザ・イヤーだ!」

 男子テニスで、170センチの「小さな巨人」が渾身のボレーを超人的な“ジャンピング背面レシーブ”が炸裂。身長差38センチ、208センチの「リアル巨人」からポイントを奪うスーパープレーが炸裂した。ATP公式中継サイト「テニスTV」が魅惑の“リフティング”とともに公式インスタグラムに映像つきで紹介すると、ファンから「確信している、ショット・オブ・ザ・イヤーだ!」「テニス界のディエゴ・マラドーナだ!」と声が上がっている。

 一瞬、何が起きたのか分からないような場面だった。魅惑のプレーでファンを沸かせたのは、世界ランク25位、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)だ。

 1日(日本時間2日)のロレックス・パリ・マスターズ、2回戦、世界ランク14位、ジョン・イスナー(米国)戦。「テニスTV」が公開したのは、イスナーのサービスゲームだった。208センチの巨人が中央に強烈なサーブを放つと、シュワルツマンはレシーブするのが精いっぱい。体勢を崩された。チャンスとみたイスナーはネット際に前進。シュワルツマンの足元を狙ってスマッシュを放った。ポイント奪取。そう思った次の瞬間、シュワルツマンは信じられないプレーを見せた。

 足元に来たボールを避けるようにピョンと跳ぶと、腰の後ろあたりからラケットをヒョイと出したのだ。そして、クロスに放たれたボールはネット際にいたイスナーの手の届かない軌道を描き、サイドラインぎりぎりにイン。どう打ったのかわからなかったのか、観衆は一瞬遅れてどよめき、やがて拍手喝さいに変わった。

 まさか自分でも入ると思ってなかったのか、シュワルツマン自身もしばし呆然とした表情の後にニヤリ。身長差38センチ、170センチの「小さな巨人」にしてやられたイスナーはがっくりと肩を落としていた。

自身のサービスゲームでは“13回リフティング”も…「テニス界のマラドーナだ!」

 テニスTVは「ショット・オブ・ザ・イヤー?」と題し、公式インスタグラムに動画付きで紹介。VTRを見ると、強烈なスマッシュを俊敏に交わし、体の後ろから反応したラケットで返していることが見て取れる。人間離れした反射神経と身体能力に対し、ファンも「もはや違法にすべき! なんてショットなんだ!」などと次々と驚きの声を上げている。

「魔法炸裂!」「これぞ傑作」「私は確信している、ショット・オブ・ザ・イヤーだ!」「なんて壮大なマジックなんだ」などと大反響を読んでいたが、シュワルツマンの“ワザ”はこれにとどまらない。

 自身のサービスの場面では、ボールをラケットのフェイスの外側でリフティングを敢行。細かいタッチで13回も続けると、そのまま上にポン飛ばし、グリップと肘の間にスポッと収めてサーブ体勢に入った。

 こちらも「すべてのスキルに長けている」「テニス界のディエゴ・マラドーナだ!」「これを見て自分も練習したくなったよ」と同じ名前の母国サッカー界の英雄のなぞらえて、称賛の言葉が相次いでいた。

 試合はフルセットの末に1-2で敗戦。しかし、ファンから「ディエゴはこの日誰よりも観客を魅了した」との言葉が上がっていた通り、勝敗を超えた輝きでファンの心を掴んでいたのは間違いない。