画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ニューヨーク発のハンバーガーレストラン Shake Shackは11月11日、日本上陸2周年を記念して「KARASHIBI Burger(カラシビバーガー)」(税別1,080円)を400個限定で販売する。同商品は、唐辛子と山椒をふんだんに使用した「カラシビ味噌らー麺」で知られる「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」(以下、鬼金棒)とコラボレーションしたもので、日本1号店である外苑いちょう並木店のみの販売となる。

「鬼金棒」の店主三浦正和氏と、その味に兼ねてより魅了され来日時には頻繁にお店に訪れているというShake Shackのメニュー開発ディレクター マーク・ロザッティ氏とのコラボレーションが実現し、完成した同商品。

お互いのブランドの要となる食材を掛け合わせて作っていて、Shake Shack独自のシャックソースには、奥の深い風味と辛味が特徴のオリジナル唐辛子スパイス、インパクトある痺れを持つ山椒をブレンドした”カラシビスパイス”が混ぜ込まれている。

また、ホルモン剤フリーでアンガスビーフ100%のパティの上には、八角などのスパイスで香り付けし甘さを引き立てたというとろける角煮チャーシューを2枚乗せ、甘酢漬けのキュウリとシャキシャキとしたネギをトッピングした。さらに、「鬼金棒」のトレードマーク"金棒"をイメージしたヤングコーンの素揚げも添えて提供する。

同商品は、11月11日のみの販売となっている。