16年11月に東京都中野区のアパートで殺害された中国人女性・江歌さんの母親が日本を訪れ、容疑者の死刑を求める署名活動を行う。写真は江歌さんの母親。

写真拡大

2017年11月1日、中国メディア・捜狐によると、16年11月に東京都中野区のアパートで殺害された中国人女性・江歌(ジアン・ガー)さん(当時24歳)の母親が今月4日、日本を訪れる。

母親の江秋蓮(ジアン・チウリエン)さんは中国国内で、殺人罪で起訴された中国籍の陳世峰(チェン・シーフォン)被告の死刑を求める署名活動を行い、多くの署名が集まったが、日本でも署名活動を行う。

江秋蓮さんは日本で署名活動をするにあたって、日本語でのビラ1万枚やたれ幕、署名活動に必要な文具などを持参。合わせて50キロもの荷物になった。

「この署名活動にどれほどの効果があるのかわからないが、できることをしたい。命を失った娘のために正しい判断を求めたい」と話している。(翻訳・編集/岡田)