ハスラーの新型か? 一見したところそんな雰囲気を持っているのがスズキ「X BEE(クロスビー)」。

実はこのクルマは軽自動車ではなくコンパクトカーサイズ。つまりハスラーの新型ではなくハスラーのお兄さんだ。

スズキの狙いは「ハスラーの大成功をコンパクトカーでも」とは公式には言わないけれど、実用性が高く個性的なワゴンタイプのクロスオーバーSUVを市場に提案しようというわけだ。たしかに、そういうクルマは現在のコンパクトカー市場では見当たらない。

プラットフォームは「イグニス」や「ソリオ」と同じスズキのAセグ用(スイフト用とは違う)。同社内の位置づけとしては「ソリオ未満、イグニス以上」の車内の広さ&実用性ということになる。

「あくまで参考出品です」とスズキは言う。しかし、車両をチェックすると助手席足元には発煙筒が備わっていて、ボンネットフードの裏にはメンテナンス情報を記載したステッカーまで貼られていた。

って、市販仕様そのものじゃん!

(工藤貴宏)

【東京モーターショー2017】「大きなハスラー」ことスズキ・X BEEは「参考出品車」というものの市販車そのもの!?(http://clicccar.com/2017/11/02/527562/)