レディー・ガガが婚約?(画像は『Lady Gaga 2017年10月22日付Instagram「Appeal」』のスクリーンショット)

写真拡大

俳優テイラー・キニーとの熱愛を経て婚約したものの、昨年夏に破局したレディー・ガガ。その後しばしのシングルライフを経てタレントエージェントと交際するようになったが、ここに来て婚約説が浮上した。

このほど『Us Weekly』がエージェントと熱愛中のレディー・ガガにつき「極秘のうちに婚約した」と報道、その時期については夏だったという。同メディアは“ある情報筋”による証言として、「恋人がガガの父に求婚する許可を求めた」「しかしガガの体調を考慮し、現在は回復に専念中。よって具体的な挙式プランを立てる段階には至っていない」と伝えている。

ガガは線維筋痛症を公表済みだが、体の痛みなどの症状を少しでも和らげようと工夫しながら生活しているそうだ。そんなガガを愛する男性が「夫として支えたい」と願っても不思議ではないのだが、芸能情報の真偽を検証する人気サイト『Gossip Cop』の調べによると、婚約報道はデマとのこと。しかも『Us Weekly』の報道に「どこで求婚したのか」「婚約指輪を渡したのか」といった具体的な情報が含まれていないことから、「実は何も把握できていない」「それは恋人がガガに求婚した事実がないからだ」と結論づけている。

また『Gossip Cop』はガガの代理人に婚約説の真相について質問したところ、「事実ではありません」といった答えが返ってきたという。よって熱愛は続いているものの正式に婚約した、またゴールインが迫っているという事実はないようだ。

しかし2人の仲が順調に続いていること、また将来は子供を複数産み良いママになりたいとガガ本人も望んでいることから、近い将来何らかの動きがある可能性は低くはないだろう。ガガは現在31歳。またお相手は48歳というから、来年あたりにはハッピーなニュースが飛び出すのかもしれない。

画像は『Lady Gaga 2017年10月22日付Instagram「Appeal」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)