10月29日、女性ファッション誌『MORE』(集英社)主催の『"なりたい私"チャレンジプロジェクト(通称:モアチャレ)』報告会イベントに女子レスリングの吉田沙保里選手(35)、モデルの内田理央(26)、佐藤栞里(27)が出席した。
 
同プロジェクトは、創刊40周年を迎えた同誌が「20代女性が“なりたい私”になるためのきっかけを提案」する目的で今年3月に開始。それにちなんで同誌モデルの内田と佐藤もキックボクシングやモノマネに半年間取り組み、その成果を披露。観客を大いに楽しませた。
 
そしてスペシャルサポーターである吉田は「お弁当女子」に挑戦。料理家・ワタナベマキ(年齢非公開)に教わった"乙女弁当"を披露した。その腕前は、内田と佐藤も大絶賛するほど。「包丁すら握ったことのない状態からのスタート」だったが、「自信がつきました」「レシピ本を出せるくらい頑張りたい」と意気込んだ。
 
実は最近、吉田の女子力が高まっていると話題だという。それもそのはず。instagramには美容鍼灸に通っていることや、季節に合わせてネイルやマツエクを新調していることがアップされている。もともとハート型やキラキラしたものが大好きで、女子力高めだった彼女。ここへきて、本格的に女磨きを始めているのだ。
 
そんな”本気を出し始めた”吉田の姿に、ネット上でも女性ファンから支持する声が続出している。
 
《吉田沙保里さん、最近凄く女子力に磨きをかけてらっしゃって素敵》
《吉田沙保里さんの自分への厳しさと女子力が素敵》
《ワイが男だったなら吉田沙保里さんお嫁さんに欲しい》
《吉田沙保里さん、女子力も霊長類最強なんじゃないか》
 
霊長類最強であり、もともと努力家としても知られる彼女。その努力が女子力アップへと向かったことで、彼女は美しさでも霊長類最強となるのだろうか。