@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

ポロR プロトタイプが存在

フォルクスワーゲンの内部関係者によると、高出力モデルのポロR・プロトタイプが、検証用にすでに製造されているという。

ただ現段階では、プロダクションモデルにするかどうかの決定はされていない。


そもそも新型ポロGTI(全写真)に搭載される2.0ℓエンジンは、ゴルフRのユニットと同じものである。このため、モディファイ自体は比較的容易なのだ。
 

気になるのは、価格帯

「ポロでしたら、当然ながら、冷却系を追加する余地が十分あるのです」と話すのは、同社のスモールカーラインを率いるラルフ・ケーリングである。

さらに、ポロにはゴルフRの4WDシステムに対応できる枠組みがある。なぜなら、2台はともに同じMQBプラットフォームを採用したからだ。


それでは、なにを検証する必要があるというのか。問題は、重量の増加とコストである。ポロRが実現すると、それはゴルフのプライスレンジになってしまうのだ。
 

Rブランド 拡大を約束

同グループでは、他にもセアトやスコダが、300馬力のRエンジン搭載モデルを計画している。これはポロRを作り出すだめの追い風となるだろう。


なお、フォルクスワーゲンは、Rブランドの拡大を表明しており、来年にはT-Roc Rを計画している。