Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”2WD、オプション装着車。(画像:トヨタ自動車発表資料より)

写真拡大

 トヨタ自動車は、プリウスを一部改良し、あわせて、特別仕様車2種を発売する。

【こちらも】トヨタ・カローラはもう大衆車じゃない? 本当に3ナンバー化されるのか?

 11月1日に行われた一部改良では、ピアノブラック加飾のフロントコンソールトレイが採用され、11.6インチT-ConnectSDナビゲーションシステムが設定される。視認性・操作性が向上、安心・便利なカーライフサポートが提供される。価格については、全モデル並びにウェルキャブ(メーカー完成特装車)において据え置きとなる。

 次に特別仕様車“Safety Plus”、S“Safety Plus・Two Tone”についてだ。これは標準グレードの「S」をベースとして、先進安全機能を特別装備し、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」、シンプルインテリジェントパーキングアシスト、LEDフロントフォグランプなどの安全装備を充実したモデルである。政府が認定する安全運転サポート車の、高齢運転者に推奨される「サポカーS(セーフティ・サポートカーS)」の「ワイド」に相当する。

 こちらは11月1日にトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店で発売されている。価格は260万7,120円〜292万7,880円。

 もう一つの特別仕様車、Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”は11月15日から12月下旬まで(詳細は販売店により異なる)の期間限定受注となる。

 上級グレードである「Aプレミアム」をベースとし、ツーリングセレクションの装備を加え、特別設定色ツートーンボディーカラー2色を設定。また、アルミホイールなど各所にブラックを配し、シャシーとのコントラストを際立たせている。

 インテリアはシートにプレミアムナッパ本革を採用、フロントコンソールトレイには自己治癒Rクリヤーコーティング加工を採用。上品な室内空間を演出する。

 価格は2WDが385万円、E-Four(電気式四輪駆動)が404万4,400円である。