「うわぁ〜、付き合えないわ〜」と冗談混じりにしかめっ面をしてみせた中居正広

写真拡大

11月1日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、相撲ファンとプロレスファンの女子たちが「スー女VSプ女子SP」と銘打ってトークバトルを展開。女優の紺野美沙子が“スー女”として出演し、相撲への愛を語った。

【写真を見る】力士名鑑を持参し、相撲の魅力を熱く語っていた山根千佳/2013年撮影

紺野は小学生時代から相撲に入れ込んでいる筋金入りの相撲ファンで、「高見山さんを定期入れに入れて学校に行ってました」と話す。相撲中継にもゲスト出演した経験もあり、ゲストMCの河本準一(次長課長)は「好きだけじゃ座れませんからね」と驚く。現在のお気に入りは、先場所で新入幕した朝乃山関だという紺野。“スー女”の女性陣たちと「かわいいよねえ」と笑顔でうなずき合う。

同じく“スー女”の1人、山根千佳が私物のバッグの中から「好きすぎて常に持ち歩いている」という使い込まれた相撲名鑑を取り出すと。中居正広は「うわぁ〜、付き合えないわ〜」と冗談混じりにしかめっ面をしてみせる。

次回、11月8日(水)放送予定の「ナカイの窓」は中居自身がゲストをキャスティングする「キャスティングの窓」の第4弾。