東京メトロは、2020年夏までに、訪日外国人向け車両内無料Wi-Fiサービスを全路線全車両へ導入する。

現在、車両内での無料Wi-Fiサービスは、銀座線1000系の一部編成と日比谷線13000系で提供中。10月末からは東西線、11月からは千代田線、2018年度中に丸ノ内線の新型車両へ順次導入する。そのほか、有楽町線、副都心線、半蔵門線、南北線は現在調整中だが、2020年夏までにはすべて導入を完了する予定。

「Metro Free Wi-Fi」および「Japan Connected-free Wi-Fi」は、回数制限はないが、連続利用時間は1回につき3時間まで。SSIDは「Metro_Free_Wi-Fi」となる。ブラウザ、または、NTTBPの認証アプリから登録することで利用可能。

「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」は、利用制限なしで、SSID名称はWi2。利用方法は、Wi2が提供する訪日外国人無料アプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fiから利用可能。日比谷線13000系については、当面「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のサービスのみ提供となる。

なお、これらの無料Wi-Fiサービスは、「Metro Free Wi-Fi」「Japan Connected-free Wi-Fi」および「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」車内ステッカーが貼られている車両で利用することができる。