中国の習主席、北朝鮮との「関係発展望む」 金委員長の祝辞に返礼

写真拡大 (全2枚)

[ソウル 2日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は、中国共産党新指導部の発足にあたり祝辞を送った北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に返したメッセージで、中朝関係の発展を望むと述べた。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。

KCNAによると、習主席は1日付のメッセージで「新たな状況の下、中国が北朝鮮とともに持続可能で健全かつ安定的な発展に向けた両党間および両国間の関係促進に努め、地域の平和と安定の維持と共通の繁栄に貢献することを望む」と述べた。

金委員長は中国共産党大会が閉幕した先週、二期目の指導部を発足させた習主席に「成功を祈る」と祝意を伝えた。

中朝間では慣例的な外交文書のやりとりのほか、政治的な節目に祝辞を送ることはあるが、今回のように指導者が個人的なメッセージを交わすのは異例。