行き詰まったときの経営者がとるべき対応とは何か(写真:Elnur / PIXTA)

経営を進めていく際に感じることは「山あり谷あり」ではありません。むしろ、「谷あり、谷あり、谷あり、そして山あり」といったところかもしれません。困難ばかりが襲いかかってくるように感じる。それが経営というものです。

時には、「もうこれでおしまいだ」と絶望的になることもある。しかし、そういうときに経営者は、自らを奮い立たせて、「やり方は無限にある。どこかに打開の道がある。考えよう。探そう。大丈夫だぞ。心配するな」と、自分自身に声をかけることが必要だと思います。絶体絶命ということはありません。

壁にぶつかって気力を失うようではダメ


この連載の一覧はこちら

もし、もうおしまいだと思ったとするならば、知恵を出すことも、工夫することもなく、気力も失い、その場にへたり込んでしまうでしょう。多くの経営者、とりわけ若い人たちに、そのような傾向があるのではないかと思います。少し壁にぶつかると、あきらめる。放り出す。それでは成功の道を切り開いていくことはできません。いま、大きくなっている会社は、困難苦難にぶつかったとき、そういう知恵を出して、どこかに道があると考え、壁を乗り越え、新しい発展の道を歩んできたのです。

今のままで、ただどうしようか、何をしたらいいのかとオロオロしてへたり込むのではなく、やり方はいくらでもある。この壁は、きっと突き破ることができる。行き詰まっても行き詰まっていないと考えれば、そこに勇気と知恵も湧いて、成功への扉を見つけることができるものです。

また、起業して、そのアイデアはいいけれども、経営がうまくいかない。しかし、あきらめるのではなく、新しい売り方、あるいは、自分のアイデアを活用して、新たな製品を考えてみる。釣り糸が売れないから、この会社を畳もうと考えるのではなく、なにか工夫できないか。考えた結果、マットレスのエアウィーヴという会社ができました。この会社は、今では大いに成長発展しています。

経営危機は、知恵を出す機会、新たな道を見つける絶好のチャンスとは、なかなか思えないかもしれませんし、経験的に私自身もなかなか思えませんでした。しかし、やはり、そこはあくまでも前向きに、絶対にこの苦境を抜ける道はあると考えることが大事だと思います。

1度白紙にして考えることの重要性

さらに、「白紙で考えること」も大事です。いま取り組んでいる事業、仕事にとらわれず、わが社を生き残らせ、発展させるためにはどうすべきかを1度頭の中を更地(さらち)にして考えてみる。富士フイルムのことは以前も書きましたが、フィルムやカメラにとらわれず、しかも自社の持てるもののなかで活用できるものはなにか、白紙で考えた結果、フィルムの製造過程で使うコラーゲンに思い至る。そして、化粧品を考え出す。全体の売り上げの25%を占めるまでの商品に仕上げています。

この会社が、フィルムやカメラに拘泥していたなら、今日おそらく生き残っていなかったでしょう。経営が行き詰まったときに、小手先の改善改良では、結局は墓穴を掘ることになります。自分の得意技を、今までの方向ではなく、まったく別の方向に向けて考えてみることです。

ブラザー工業は、いつも白紙に戻って、会社の方向を何度も決めている会社だと思います。ブラザー工業といえば、昔はミシンをつくっていました。そのミシンが行き詰まると、主力商品をプリンタに転換。さらに工作機械など、その都度、「今の製品を思考範囲からはずして、新しい方向を考え出す」。そのような白紙思考をして大きな発展を遂げています。

技術的なつながりがあるとしても、製品としては極めて大きな飛躍です。経営を行き詰まったときにはこのように、「1度白紙にして、新たな事業を考えるということ」も必要かと思います。

加えて、そのためには、「情報を集めること」も必要です。いま、自分の会社で可能な事業はないか。それを自分1人で、ああではないか、こうではないかと悩み考えるのではなく「足で考えること」、すなわち「衆知を集めること」が大切なのです。

いろいろな情報を知るために労を惜しまず、いろいろな人、さまざまな場所に出向く。申し上げておきますが、そのとき訪ねて聞いて、批判する、是非を論ずるのは愚かです。そういう考え方もできるのか、そういうことを多くの人は考えているのか、将来はこうなるというように考えているのか、などと、すべてを頭の中の「情報ボックスの引き出し」の中に収めていく。そうした情報の集め方、衆知を集めていると、しだいに自分が取り組むべき方向が浮かび上がってくる。自社の事業展開の分野が、あぶり出しのように浮き上がってくると思います。

経営者は評論家ではありません。論争して、是非を論ずるのは書生に任せておけばいい。経営者は、議論する、評論するより、情報を集めて、自分の会社、自分の経営を発展させることが大事なのです。議論に勝って、会社が潰れる例はいくらでもあります。

そのような心掛けで情報を集め、その中から、経営行き詰まりの打開策を見つけ出す。特に、これからの時代は今までとは異次元の世界、非連続的時代がやってきます。いくらでも自分の経営を存続させ、成長させる道、壁を突破する新事業は考えつくでしょう。

要は、行き詰まった、あるいは行き詰まりそうだと感じたならば、とりわけ今の時代は、いくらでも新しいシーズ(seeds)はありますから、「衆知を集める」「情報を集める」ことは、極めて有効であるといえるのではないでしょうか。

行き詰まったときの経営者がとるべき対応は、以上の最小限3つの項目ですが、そのような、行き詰まりを打開する経営者の条件は何かといえば、経験的にいえば、「経営センス、判断力、度胸」の3つでしょう。「経営センス」があれば、経営が行き詰まってもどのような対応をすべきか、事業の方向転換はどうすればいいか、どのように時代に合わせて新分野に取り組むべきか。そのようなことを直感的に把握することができるでしょう。

また、「判断力」。その新しい事業、新しい分野に取り組んで、将来はどうか、あるいは利益は確保できるが、問題は出てこないか、最初はともかく、反社会的な活動にならないかなどを判断する。その「判断力」が求められます。儲かる、成功すると経営センスで、よし取り組もうと取り組んでも、判断力がないと、その後しばらくして、とんでもない災難に出合い、結局は倒産ということになります。判断力が必要なゆえんです。

結局は度胸が大切

3つ目は、「度胸」でしょう。なにせ、今の経営の基本に則っているとしても、まったく未知の事業、未知の分野に取り組むわけですから、相当な投資も必要になってきます。

いくらセンスがあり判断力があっても、そこで躊躇すればおしまい。「百尺竿頭進一歩」(竿の先から踏み出す勇気)で、その新しい方向でたとえ失敗しても、為すべきことはした、やるべきことはやり尽くした。わが身がどうなろうと以(もっ)て瞑(めい)すべし、この新しい分野、事業に飛び込むんだという「度胸」がなければ、窮状を打開することはできない。経営の壁を打ち破ることはできません。そういう意味で、経営者には「腕力」が必要。意志の強さというか、「千万人と雖(いえど)も吾(われ)往(ゆ)かん」という、そのような「度胸」が必要だということです。

行き詰まった経営を打開する方法は、それぞれいろいろと考えられるでしょうが、少なくとも、行き詰まっても行き詰まっていない、道は無限にあるということ、白紙にして新しい事業、分野を考えること、情報を集めること。当たり前のことばかりですが、センスと判断力と度胸で、経営の壁を突き破ることを考えてみることが必要ではないかと思います。