アパ社長カレー専門店の首都圏1号店オープン

写真拡大

アパホテルは11月1日、東京・飯田橋にアパ社長カレーの専門店「アパ社長カレー首都圏1号店」をオープンした。

「アパ社長カレー首都圏1号店」は、アパホテル飯田橋駅南の直営レストランとしてオープン。石川県の金沢カレーをベースにしたオリジナルスパイスの風味と、牛肉と野菜をじっくり煮込んで引き出した自然な甘みのアパ社長カレーを楽しめる。

また、女性が気軽に食べられる量の「アパ社長レディースカレー」(580円)や各種トッピングなども用意し、全メニューテイクアウトにも対応した。

「アパ社長カレー」は、アパホテル直営レストランで生まれた、アパホテルの元谷芙美子社長が自信を持ってお奨めする本格派ビーフカレー。アパホテル発祥の地、石川県の金沢カレーをベースに、キャベツを添えるとさらにおいしくなるカレーとして、アパホテル全店を中心にレトルト商品を販売している。