画像提供:マイナビニュース

写真拡大

小田急電鉄は1日、2018年3月の複々線完成にともなう新ダイヤでの運行開始に合わせ、運転士・車掌・駅係員の制服をリニューアルすると発表した。

制服の更新は12年ぶりとなる。新制服はグレーの上衣と黒色のズボンを組み合わせたデザインで「おもてなし感を演出」(小田急電鉄)している。上衣の襟・袖・ボタンなどに金ラインを施し、上質感を創出する。

リニューアルのコンセプトは「抜本的なイメージアップの実現」。複々線完成によるハード面のサービス強化に合わせ、ソフト面でもサービスレベルを強化することを主眼に、先進的なデザインを取り入れるとともに着用するスタッフの思いを反映したという。

現行制服の耐久性は維持しつつ、さらなる軽量化も実現した。上衣・ズボン・シャツ・ベストのすべてにストレッチ素材を使用するなど、快適性も向上させる。小田急電鉄は「動きやすさを維持しつつ、見た目の格好良さやスマートさを向上させた」と説明する。新ダイヤでの運行が始まる2018年3月中旬から着用を開始する。なお、特急ロマンスカーの乗務員制服はリニューアルの対象外となる。