加藤 廣●1930年生まれ。中小企業金融公庫、山一証券勤務を経て、経営コンサルタントとして活躍。75歳のときに『信長の棺』で作家デビュー。近著に『水軍遙かなり(上・下)』(文春文庫)など。

写真拡大

「いじめ」は人間の本能だ。だから作家の加藤廣さんは「嫉妬されないように、勉強している姿を他人に見せてはいけない」と言う。60歳から小説執筆をはじめ、75歳のときに『信長の棺』で作家デビュー。以来、ベストセラーを出し続けている加藤さんが、50代の読者に向けてアドバイスする――。

■50歳までに組織から逃げることを決意

いまの50代は、昔と状況が異なります。私が中小企業金融公庫(現・日本政策金融公庫)に入庫したのは1954年。そのころは定年が55歳で、60代で亡くなる人が少なくありませんでした。

しかし、いまは寿命がずいぶんと延びて、定年は65歳になりました。いまの50代は、長い人生をどのように生きるのかということと、否が応でも向き合わなくてはいけない年代といえます。

幸い、私は早い段階から組織に頼らずに自分で稼ぐことを考えていました。とくに独立心が強かったわけではなく、もし三井や三菱、住友に就職していたら、そこで頭角を現すことを志していたでしょう。でも、いまでこそ大組織の中小企業金融公庫は、私が入った当時は約40人。将来は東大の同級生たちが役所から天下って理事になりますが、こちらは出世してもせいぜい次長クラスです。それは御免こうむりたいので、自然に「50歳までに組織から逃げよう」と考えるようになりました。

なぜ先がないと気づいた段階で逃げなかったのか。それは、まだポータブルスキルが身についていなかったからです。

山一証券経済研究所に転職して、経営コンサルタントとしての活動を始めたのは51歳のころです。どうしてコンサルティングができたのかといえば、キャッシュフロー計算書を見る手法を自分で工夫してつくったからです。その手法は、30代や40代では完成しませんでした。外で通用するレベルまでスキルを磨きあげるには、ある程度の経験が必要です。

もっとも、50代になってからいきなり無手勝流で独立するのはリスクが高いと思います。私は何の才能もなかったけど、唯一、文章を書くことだけは得意でした。まずはその才能を活かして、40歳を過ぎたころからビジネス系の雑文を書き始めました。新聞にも寄稿したし、プレジデントにも寄稿しましたよ。原稿料は微々たるもので、給料が1だとすると、最初は1.1足のわらじです。

でも、それを続けていくうちに、やがて2足になっていく。2.5足になればもう十分です。組織に憂いなく「ハイ、サヨナラ」ができます。

■40代の自己投資を50代で回収する

組織から離れるために意識してやっていたのは人脈づくりです。

勤め人時代、私は会社の人間とあまり飲みませんでした。つき合っても3度に1度。また、大学の学友ともほとんど会わなかった。昔を懐かしんでも先につながりません。それよりも、いままで会ったことのない新しい人と飲むほうがずっと役に立ちます。安いところばかりで飲んでいるのもダメです。いい人と知り合いたければ、少し背伸びして手金で高いお店に行ったほうがいいのです。

銀座は高い? そこでお金を惜しむ人は、いつまで経っても稼げる人になりません。私は「40代からお金を貯めるやつはダメ。50代でお金が貯まっていないやつは、もっとダメ」と言っています。いっけん矛盾しているようですが、40代で自分に投資すれば、50代でお金が自然に貯まっていきます。若いときにケチったり、お金をムダなことに使っているから、50代でお金に苦労するのです。

もうひとつ、お金に余裕ができたとしても、50代で守りに入ってはいけません。幕末の儒学者、佐藤一斎は次のように書き残しています。

「少くして学べば、則ち壮にして為すことあり。壮にして学べば、則ち老いて衰えず」

若いときに学べば大人になって何かをなすことができ、大人になっても学びをやめなければ衰えることがないという意味です。

私は50歳を過ぎても引き続き一流の店に通いました。ゴルフも一流のコースの会員になり、仕事と関係ない人たちとプレーしていました。小説家になろうと準備を始めたのは60歳を過ぎてから。10年かけて『信長の棺』を書き上げましたが、新人賞に応募しても評価されず、最初は出版社も相手にしてくれませんでした。そのとき、デビューに力添えしてくれたのが、社外で知り合った新聞記者だったのです。私が50代で自己投資をやめていたら、75歳でデビューを果たすことも、小泉純一郎元首相が愛読書だと公言してベストセラーになることもなかったでしょうね。

■老いても学んで「死して朽ちず」

自己投資は、人脈づくりにかぎりません。当然、将来を見据えた勉強は必要です。私は土日のうちどちらか1日は必ず勉強の時間に充てました。家のもっとも日当たりのいい部屋が私の書斎です。床が抜けるくらいの蔵書があり、休日はそこにとじこもって本を読むのです。嫁いだ娘がこう言ってました。

「普通、お父さんは家で本を読むものだと思っていたけど、うちの亭主はほとんど本を読まない。本当はお父さんのほうが普通じゃなかったんだ」

家族には迷惑をかけました。若干マナーに欠けていたかもしれません。しかし大切なのはマナーよりも自己研鑽。こうした勉強がいまに活きているわけです。

勉強に関しては、注意してもらいたいことが一つあります。それは、勉強している姿をまわりに見せないこと。この世の中には嫉妬が渦巻いています。みんなと違うことをやっていると、「なんだあいつは」とすぐに足を引っ張られます。いじめは人間の本能。自分で自分を守るしかない。私が会社の飲み会に3度に1度はつき合っていたのも、馬鹿を演じてやっかみをなくすため。それくらいのしたたかさは必要です。

さて、先ほど紹介した佐藤一斎の言葉には続きがあります。

「老いて学べば、則ち死して朽ちず」

老人になっても学びを続ければ、後世に何か残す人になるという意味です。

私は今年で齢87ですが、いまだ学びをやめるつもりはありません。現在は恋愛小説を執筆中です。いくつになっても新しいことに挑戦するのはわくわくするものです。どのような作品ができあがるのか、いまから楽しみです。

加藤廣さんに学ぶ「50代の心がけ」3カ条

1. 同僚ではなく社外の人間と飲みにいく
安い店では人脈は広がらない。無理してでも高い店へ。

2. 土日のうちどちらかは学びの時間に
家族の理解がなくても将来を見据えた勉強を続けていく。

3. 勉強している姿を他人に見せない
嫉妬されないように馬鹿を演じてやっかみを排除。

(作家 加藤 廣 構成=村上 敬 撮影=的野弘路)