「ロボットアドバイザー」は信用できるか

写真拡大

■アメリカでは30兆円を運用中

ここ数年、金融業界をにぎわせている単語「フィンテック(IT技術を使った金融サービス)」。いま、この分野で注目を集めているのが「ロボットアドバイザー」による資産運用だ。

といっても、人型のロボットが人間の代わりに資産を運用してくれるわけではない。インターネットを通して投資に関するいくつかの質問に答えれば、コンピュータプログラムが個人に合った投資信託やポートフォリオを選んでくれるというサービス。

すでに普及しているアメリカでは、2016年時点で30兆円の資産がロボットアドバイザー経由で運用されており、20年には220兆円にまで拡大するといわれている。

現在日本では、みずほ銀行の「SMART FOLIO」など、大手金融機関が導入しているほか、お金のデザインの「THEO(テオ)」、ウェルスナビの「Wealth Navi」など、ロボアド専門のベンチャー企業も新たに登場している。

扱っている銘柄は、投資信託やETFなど、さまざま。銘柄数も、各社でばらつきがある。傾向としては、大手の証券会社や銀行などは自社、もしくは関連会社の商品を、ベンチャーなど中立的な立場の会社は、国内外幅広くチョイスしている。

運用を始めるには、まず、各社の専用ホームページで年齢や年収、資産運用経験の有無などを入力するほか、「投資額の2割損失が出たらどうしますか?」というような、運用に対するリスク許容度を測定する複数の質問などに回答。その結果をふまえて、「あなたは、この銘柄をこれだけ買うのがおすすめですよ」とロボットが教えてくれる。ここまでは基本的に無料で、口座開設も不要。興味があれば、数社試してみるといいだろう。

■人間より正確で万能だとはいえない

さらに、提案を受けた後、口座を開いて実際に商品を購入し、運用やリバランスをロボットに任せることもできる。つまり、ロボットと一任契約を結ぶということだ。最低投資額は、たとえば、「マネラップ(マネックス証券)」なら1000円から、「楽ラップ(楽天)」は10万円からと、少額から始められるところが多い。

もうひとつ、手数料が安いことも大きなメリット。一般的な投資信託の手数料が2〜3%であるのに対して、ロボアド投資では1%前後が主流(銘柄によっては、ほかに経費などがかかる場合もある)。従来、銀行や証券会社のファンドマネジャーが行っていた作業をロボット(コンピュータプログラム)が代わりに行うため、人件費を安く抑えられるというわけだ。

基本的にすべて「お任せ」のロボアド投資。初心者や、忙しいビジネスパーソンにとっては魅力的なサービスだといえる。スマホで簡単に始められるので、20〜30代にも受け入れられやすいだろう。

しかし注意したいのが、コンピュータだからといって人間より正確で万能だとはいえないこと。ロボットアドバイザーは、あくまで、過去のデータからリスクやリターンを計算して、最適だと思われる銘柄を組み合わせているだけ。現時点では、「トランプ政権に代わる」「イギリスがEUから離脱する」といった予想外の出来事が起こった際に、景気の変動を予測して、リスクがある運用を避けることはできない。

ロボットが「絶対失敗しない」わけではない。過度な期待は禁物だ。利用する際には、メリットとデメリットをよく検討したい。

(ファイナンシャル・マネジメント代表 山本 俊成 構成=鈴木俊之)