「恋愛するのは面倒」だと言ってきたけれど、それは表向きの理由で…(写真:Deja-vu / PIXTA)

「ああ、この方も恋愛をせずに年を重ねてしまったのか!」

面談に来た人たちに、これまでどんな恋愛をしてきたかを聞くのだが、その度にこんな感想を抱くことが多い。相談所に訪れる人の多くが、学生時代から現在に至るまでにお付き合いした人数が、1人か2人程度。中には異性とまったく付き合うことなく40代や50代になってしまった人たちもいる。

5年ごとに行われている国立社会保障・人口問題研究所の調査でも、恋愛離れの傾向が読み取れる。18歳から34歳の独身者5276人を対象にした2015年の調査では、「交際相手がいない独身者」は、男性が69.8%、女性が59.1%と過去最多という数字になった。また性交渉の経験がない独身者の割合も、男性42%、女性44.2%と増加している。

近年メディアでも、“恋愛や結婚をするのが面倒”という人が増えていることが話題になっている。

ただ筆者が感じるのは、恋愛をしてこなかった人たちは、“恋愛が面倒だったから恋愛しなかった”のではない。面談にやってきた人たちの話を聞いていると、「本当は恋愛したかったが、その勇気がなかった」「年を重ねてしまうと恋愛するハードルが上がり、どうやって異性とかかわったらいいのかわからない」「それでもなんとか結婚したい」、そんな人たちがほとんどなのだ。

もちろん結婚したくて面談にやってくるのだから、そういう属性になるのだろう。ただ適齢期になっても結婚しない独身者たちを“恋愛や結婚に興味がない” “恋愛や結婚は面倒”と十把一絡げにくくっていいものか。そこにはいつも疑問を感じている。

両親が「人付き合い」が苦手だった


この連載の一覧はコチラ

「僕もかつては、“恋愛するのは面倒”だと人には言っていましたよ。でも、それは表向きの理由で、本当は恋愛したかったけれど、どうやればいいのかわからなかった」

久しぶりに会った丸山巌(42歳、仮名)は、言った。巌は、昨年の2月に成婚退会をした会員だ。身長は170センチ。3週間に1回は散髪屋に行くという髪の毛はこの日もきっちりと整髪されていて、そこには几帳面な性格とまじめさが出ている。彼はなぜ婚活をして、結婚をしようと思ったのか。そんな彼がなぜ婚活をして、結婚をしようと思ったのか。

まず恋愛を敬遠するようになった理由が育ってきた環境にあると、巌は幼少期を振り返った。

「そもそも両親が人付き合いが苦手。幼稚園の頃、団地に住んでいたんですが、母親が近所付き合いをしているのを見たことがない。父親にはゴルフ仲間がいたけれど、それも接待ゴルフをする関係。一時期社宅住まいをしたこともあって、よそは家族ぐるみでバーベキューをしたりキャンプに行ったりしていましたが、ウチはそれに参加したことがなかった」

父親は転勤族だったので、転校も多かった。小学校2年生から3年生の進級時と4年生から5年生の進級時、中学は各学年で転校し、3つの小学校と3つの中学校に通っている。

「人付き合いが苦手なのに、転校は大変? いや、逆にそれが幸いでした。転校生って珍しがられるので、こっちから話しかけなくてもなんとなく友達ができるんです。僕が失言して仲間外れにされたとしても、転校して新しいところに行けば、人間関係がリセットされるし」

また小中時代は、学校が終われば真っすぐ家に帰ってきて、外に遊びに行くこともなかった。

「クラスでも部活でも薄い友達付き合い。そもそも友達と一緒にいると気疲れするので、出掛けるにしても1人でぶらぶらしていたほうが気が楽でしたね」

高校は都内の私立進学校に入学した。父親の転勤は続いていたが親戚の家に下宿をし、高校は3年間通いとおした。

「男子校だったので、男だらけの世界。クラスに行けば話す人はいたけれど、家に帰ってまで付き合う人はいなかった。校則も厳しくて、喫茶店やゲーセンの出入りは禁止、たばこが見つかったら退学、学業に励むべし。それを守っていると、自然に学校と家の往復になる。たまに本屋に寄ったりもするけれど、塾のある日は塾に行って、帰ってきたらご飯を食べて寝る。クラスには、彼女をつくったり、クラブに行ったりする人もいたけれど、そこは僕には関係のない世界だと割り切っていました」

異性に興味がなかったわけではない

そうかといって、異性に興味がなかったわけではない。

「人並みに女の子は気になっていましたよ。中学生の頃から、近づきたいという気持ちもありました。でも、声をかけても断られるかもしれない。周りに冷やかされるかもしれない。そのリスクを冒してまで、女の子と付き合いたいとは思わなかった」

とはいえ、思春期になれば性欲も出てくるのものだが……。

「それも人並みにありました(笑)。普通ならば、それが生身の女性に向かっていくんでしょうけど、そんな勇気はない。ただ欲望を満たすことなら、いくらでもできるじゃないですか。そこは本やビデオのお世話になっていました」

今やネットをググれば、いくらでもエロ動画を無料で見ることができるが、巌の中高校時代は、性欲を満たす道具はもっぱらエロ本だった。

「最初は本屋に行ってエロ本のコーナーに近づくのもドキドキしたし、手に取ってレジに持っていくのは勇気がいりました。だけど、何回かやっていくうちに慣れてくる。あとは、公園のゴミ箱にたまにエロ本が落ちているんで、そんなのを拾ったり(笑)」

大学生になってからは、ビデオも借りるようにもなった。

「これも最初は、手に取ってレジに持っていくハードルが高かったんですよ。だけどレジで出せば、向こうも事務的にピッとバーコードを通して会計してくれる。それに店員は赤の他人なんで、そこに人間関係はない。慣れてしまえば、まったく恥ずかしくなくなりました」

そんな学生時代、深夜にあるトーク番組を見ていて、昭和初期の世代をつくづくうらやましいと思ったそうだ。

「その頃の人たちは、もう(セックスを)したくてしたくてしょうがないから結婚した、みたいなことを言ってる人がいたんです。年頃になるとお見合い話を持ってこられて、お見合いすればそれで結婚が決まった。ところが、昭和の中盤くらいから、その風潮が変わってきて、“お見合い結婚はダサい。恋愛結婚がかっこいい”となった。結婚するためには、まず恋愛しないといけない。僕のような恋愛弱者には、不利な時代になってしまったんだなと思いました」

女性に興味はあるが、恋愛の仕方がわからない

社会人になってからも、うわべだけの人付き合いをしていた。そんな中でも、身近にいる女性を、異性として好きになることは度々あったが、どんなに好きになっても、気持ちを伝えることはできなかった。学生時代に恋愛経験のない巌は、社会に出て一層“恋愛で恥をかきたくない”という気持ちが強くなっていたからだ。

「僕が好きになるのは、精神的に落ち着いている女性なんですね。そういう人って、ほぼほぼ彼氏がいるし、20代の早い時期に結婚していくんです」

会社は、ある大手メーカーに就職したのだが、30になって、東京本社から関西支社に転勤することになった。ここで生まれて初めて、女性に自分から告白をしたという。

「年齢的にも結婚したかったし、結婚していたほうが周りから信用もされやすいと思ったんです。振られても関西に行ってしまえば顔を合わせることもない。それで、そのときに好きだった女性に、『付き合ってもらえませんか?』と、言いました。そしたら、『ごめんなさい。お付き合いしている人がいます』と、あっさり振られました」

生まれて初めての告白が失敗に終わり、その後関西に転勤になったが、このままでは、一生結婚もできず独身のままなのではないか。また女性との付き合い方がわからない自分にも、不安になっていた。

そんなときに何げなく手に取ったのが、恋愛シミュレーションゲーム『トゥルー・ラブストーリー』だったという。最初は遊び半分、暇つぶしに始めたゲームだったが、このバーチャル体験が恋愛をより身近なものに感じさせてくれるようになった。

「僕がやったのは高校が舞台で、転校まで1カ月半という設定。登場する女性を1人選んで、季節を決める。さまざまなシチュエーションでデートに誘ったり、会話をしたりしながら、イベントを発生させて友好度とあこがれ度を上昇させて、最終的には告白をする。バーチャルだけれど、本当に女性としゃべったような気持ちになるんです。恋愛初心者の僕には、すごく恋愛の勉強になった」

そこからは、恋愛本のたぐいも読むようになったそうだ。そして、東京に戻ってきてから、学んだ知識を実践の場で生かしてみたいと、ある結婚相談所に入った。

「でも、まったくうまくいきませんでした。お見合いは通過するんです。会って1時間くらいなら相手と楽しく話をすることができる。ところが、お付き合いに進展して、2〜3度食事をしていくうちに断られてしまう。今思えば、あの頃の僕は、女性と表面的な話しかしていなかった。自分の感情を見せるのが恥ずかしかったし、見せて振られたらもっと恥ずかしい。当たり障りのない会話しかしないから、会っていくうちに話題が尽きてくる。女性は僕に人間的な厚みを感じなかっただろうし、男として魅力的ではなかったのだと思います」

今の巌だから言える言葉だ。

損得感情なしにまずは与えないと、人は動かない

そんな巌が大きく変わるきっかけは、会社の管理職研修でコミュニケーションスキルを学んだことにあった。

「外部から講師の先生がきて、部下を育てるにはどうしたらいいのか、人を動かすミュニケーションスキルを上げるための講座でした。中でも自分がいちばん腑に落ちたのは、ギブ・アンド・テイクという言葉の意味。テイク・アンド・ギブではないんです。まずは与えるところから始めないと人は動かない。それも損得感情を考えていては、人の心は動かせない。これって、ビジネスだけではなく恋愛でもそうだと思ったんですよ。それまでの僕は、自分が傷つくのが嫌だとか、この人と付き合って何の得になるんだろうとか、そんなことばかりを考えていた。女性に本当にモテる人って、男からも人気がある。それは損得感情なしに、人に優しさや思いやりを与えられる人だからなんですよね」

もう1つこの講座から学んだこと。それは、コミュニケーション能力が生まれながらに高い人もいるが、スキルを学ぶことによってもコミュニケーション能力を高めることができるということだ。この講座を受けて、自分が変わったのが実感できたという。そこで、もう1度本格的に婚活をしてみたくなり、私を訪ねてきた。

巌は半年間で、20回近いお見合いをした。相手からお断りをされると、「その理由を聞いてほしい」と言っていたので、断られたお見合いに関しては相手の相談室にその原因を聞き、巌にフィードバックした。

中には、「いい人なのはわかるが、男の人として好きになれないと思った」「気が利きすぎるので、それがかえって重荷」「いい年をして幼稚なLINEのスタンプを多用する」など、彼に非があるというよりも、単に好みの違い(わがまま?)ではないかという理由もあったが、それが男女の相性であり縁なのだろう。

男と女は凸と凹で、あきらめることなく前向きな気持ちで出会い続けていれば、パズルのように必ず合うピースを見つけることができる。

巌は活動して半年後、今の妻である千恵(35歳、仮名)に出会い、3カ月の交際を経て、成婚退会していった。

巌はしみじみと言った。

「昔の僕は、自分の気持ちをいつも抑え込んでいました。寂しくても、そういうことは言っちゃいけないから黙っていよう。不愉快でも、不平不満は言わない。それで余計な摩擦を生んだら、自分が疲れるだけだから、と。だけど、こちらが本音を見せないと、相手も心を開いてくれない。今思えば恋愛本に書いてあったテクニックは、お見合いを通過させるには有効だったけれど、そこからの関係を育てていくには、何の役にも立たなかった。恋愛や結婚にとっていちばん大事なのは相手を大切に思うこと、そして相手のいいところも悪いところも、すべてを受け入れることではないでしょうか」

何十回とお見合いしても結婚できない人たちは、見合い相手にダメ出しばかりしていないだろうか。目の前の相手には、まずは自分が何を与えられるのかを考えてみてほしい。巌が気づいたようにギブ・アンド・テイクの精神を忘れないでいてほしい。