「とびきりハンバーグサンド〈薫るベーコン&クリーミーポテト〉」(画像: モスバーガーの発表資料より)

写真拡大

■秋冬限定のプレミアムなグルメバーガーが新登場

 モスフードサービスは、11月21日より、全国のモスバーガー店舗にて「とびきりハンバーグサンド〈薫るベーコン&クリーミーポテト〉」を販売する。2018年2月上旬までの秋冬限定メニューとなり、モスの新しいプレミアムなグルメバーガーとして展開していく。この商品に使用されるパティは通常の1.5倍。手間ひまかけて丁寧に仕上げられた素材とオリジナルの和風ソースで、食べ応えのあるメニューとなっている。価格は580円(価格は全て税込)。スライスチーズ入りは610円となる。

【こちらも】肉ブームで好調な外食市場 売上高は13カ月連続で前年同月比越え

■「とびきり」なサンドの理由

 ハンバーグは国産肉(豚・牛合い挽き肉)を100%使用し、通常とは異なる製造方法でふっくらとジューシーに焼き上げている。肉の旨味もしっかり味わえるが、約1.5倍の重量感にも圧倒される。ベーコンは生ハムの原料とすることを主目的として肥育されたイタリア産の豚肉を使用。桜と栗のブレンドチップでじっくりとスモークされ、口どけが良くジューシーで、燻製の深い香りを楽しむことができる。

 そのベーコンの上に乗るマッシュポテトは国産生クリームやバター、ローズマリー、黒胡椒などを加えた濃厚でクリーミー味わい。またオニオンソテーに使われるオニオンは、全国の協力農家により農薬や化学肥料に頼らずに栽培された物を使用。店舗でカットし、グリドルで炒めることでオニオンの甘みが引き出されている。

 これらの素材の味を上手く引き出しているのがオリジナルの和風ソース。丸大豆醤油、2種類の砂糖、ホールマスタード、赤味噌、ケチャップ、白ワインビネガー、バルサミコ酢、黒胡椒等を使用。テリヤキバーガーのソースにも使用されている赤味噌はモスのオリジナル。コクと旨味を引き出しながら、ホールマスタードの香りも楽しめるソースとなっている。

■大人気の「とびきりハンバーグサンド」シリーズ

 2008年の発売以来、累計約1億4,000万食(2017年9月末時点)を販売している人気の「とびきりハンバーグサンド」シリーズ。これまでに販売されている商品には「和風ソース:(410円)」、「チーズ:(440円)」、「トマト&レタス:(460円)」がある。