山崎賢人、連続ドラマ初主演『トドメの接吻』1月放送へ 「愛に歪んだクズ男を演じていけたら」

写真拡大

 山崎賢人主演、連続ドラマ『トドメの接吻(キス)』が、2018年1月より日本テレビ系列にてスタートすることが決定した。

参考:竹内涼真が涙の決意ーー『陸王』第2話でプロジェクトがいよいよ本格始動!

 本ドラマは、女を弄ぶナンバーワンホスト・堂島旺太郎が、死のループを繰り返す“邪道ラブストーリー”。過去のある事件をきっかけに、誰も愛さずホストとして成り上がることだけを生きがいとする孤高の男・堂島が、“ある女”から死の接吻を受けたことにより、何度も“死”と“時間”を繰り返す模様を描く。

 堂島を演じる山崎賢人は本作が連続ドラマ初主演。追加キャストは一週間ごとに発表されていく予定だ。次週11月9日に、堂島の前に突如現れた“キスで殺す女”が発表される。

■山崎賢人(堂島旺太郎役)コメント今回連続ドラマで初めて主演をやらせてもらうことになりました。僕自身SFが好きなので接吻で殺されて過去にタイムリープするという斬新な設定に今からとてもワクワクしています。今回オリジナルなのでスタッフ・ キャスト全員でこの冬最も奇抜で盛り上がるドラマを作っていけたらなと思います。やるからにはとことん愛に歪んだクズ男を演じていけたらなと思います。

■鈴木亜希乃(プロデューサー)コメントこれまで、『デスノート』『そして、誰もいなくなった』と必ず誰かが死ぬ連続ドラマを作ってきました。そんな流れの中で「ラブストーリーと掛け合わせてみたらどうなるんだろう?」と思い、生まれたのが『トドメの接吻』でした。愛と狂気は紙一重……奇抜な世界観で、山崎賢人さんの新たな魅力を皆さんにお届けできればと思っています!

(リアルサウンド編集部)