ヘイトデマをまき散らす百百田尚樹のツイッター

写真拡大

 作家の百田尚樹が、10月27日に沖縄県名護市で講演会を行った。主催した実行員会の委員長は、文化放送チャンネル桜沖縄支局キャスターで「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」なる団体の代表を務める我那覇真子氏。この組み合わせだけで、沖縄米軍基地反対運動を揶揄し県民を貶める意図がプンプンしてくるが、おまけに前沖縄県知事の仲井眞弘多氏と元名護市長の島袋吉和氏が「呼び掛け人」となっているのだからクラクラしてくる。

 しかも、講演会のなかで百田は、またもや沖縄へのヘイトと中国・韓国人に対するヘイトをぶちまけた。

 講演会の模様を伝えた沖縄タイムスの記事によると、百田は〈講演前に東村高江周辺のヘリパッド建設反対運動の現場に行った時のエピソードを紹介、「中国や韓国から来ています(と参加者の内訳を同行者に説明され)、嫌やなー、怖いなー、どつかれたらどうすんの(と返した)」と発言した〉という。

 どうみても"基地反対運動をしているのは中国人と韓国人"と決めつけたうえで、「どつかれたらどうすんの」など言って、"暴力を振るう人たちだ"とレッテル貼りをしている。まさに特定の人種・国籍を標的にしたヘイトスピーチだ。

 一方、百田は講演後の沖縄タイムス記者からの取材に対し、「県民が半分で、あとは全国、世界から活動家が来ているということに対して怖いと言った。差別意識は全くない」と言い訳。だが、百田が基地反対運動に絡めて外国人に対するヘイトを扇動しているのは明らかだ。

 実際、百田は27日の講演会の前に行った高江の視察をTwitterで実況していたのだが、〈せっかく高江のテント村に来たのに、誰もいない。テント村はもぬけのから〉とのツイート。この日は台風22号接近もあって反対運動をする市民の姿が少なかったのだと思われるが、百田は続けてこんなツイートをしていた。

〈テント村の中には、漢和辞典も。
日本語を勉強している人たちなのかも。〉

 つまり"中国人が反対活動に参加している。漢和辞典があったのがその証拠だ"というニュアンスだ。わざわざ「日本語を勉強している人たち」=ネイティブスピーカーではないと強調していることからも、そういう意図での発言なのは明確だろう。

 だが、ちょっと待ってほしい。これ、そもそもおかしくないか? というか、このネトウヨ作家は、ひょっとして漢和辞典がどういうものなのかご存知ないのではなかろうか。

●なぜか漢和辞典、漢文を"敵性語"扱いする百田尚樹の知性

 あらためて言っておくが、漢和辞典というのは、漢字や熟語の意味等について日本語で解説する辞典一般を指す。たとえば筆者が愛用している漢和辞典は岩波書店の「新漢語辞典」と三省堂の「全訳漢辞海」だが、基本的には難読漢字の読み方、漢字そのものの正確な意味や成り立ち、あるいは熟語を探すために用いている。また、漢文(古典中国語)を読解するにあたっても役に立つ。

 他方、漢和辞典は、日本語話者が中国語を学ぶために使う中日辞典や日中辞典とはまったく違う。どれくらい違うかというと、英和・和英・英英辞書とブリタニカ世界大百科辞典ぐらい用途が異なると表現すればいいだろうか。加えれば、現代中国語の漢字と日本語の漢字は、当たり前だが語彙が異なり、形や意味も違うことが多く、中国語話者と日本語で使う漢字を使って筆談しようとしてうまくいかなかったなどということは、少なからぬ日本語話者に経験があるのではないか。

 ちなみに、筆者は中国語話者が日本語を学ぶための中日辞書を使ったことはないが、少なくとも、日本語がほとんどわからない中国語話者が漢和辞典をひらいてもチンプンカンプンであることは間違いないだろう。ひっきょう、一般的には、漢和辞典は"日本話者が日本語のなかの漢字について学ぶため"の辞典であって、普通は"中国語話者が日本語を話せるようになるため"のツールではないのである。

 一方、百田センセイは、〈テント村の中には、漢和辞典も。日本語を勉強している人たちなのかも〉とツイートして、さも"基地反対運動のテントに中国人の痕跡があった"というふうに得意げに言いふらしたわけだ。作家を名乗っているくせに、漢和辞典も使ったことがないのか? 完全にバカの恥さらしである。

 そういえば、百田センセイは少し前にも、雑誌で「中国を偉大な国と勘違いさせる「漢文」の授業は廃止せよ」なる"漢文廃止論"を唱えていた(過去記事参照http://lite-ra.com/2017/04/post-3122.html)。

 百田に言わせれば、日本人には「中国の脅威」に対する危機感が足りず、それは「中国への漠然とした憧れ」が原因で、その「憧れ」は『史記』や『三国志』などの影響で生まれた"中国は歴史的な文明国"との「誤解」に基づいている。すなわち、そうした史書の読解力を身につける「漢文」は"敵性言語"という扱いらしい。だが、本サイトでも指摘したように、日本の歴史・文化を漢文の存在抜きで語ることなど不可能だし、百田の大好きな明治憲法や教育勅語も漢文訓読調だ。また、森鴎外や夏目漱石、芥川龍之介などの文豪も漢文をこよなく愛したことはよく知られている。

 こんなバカが、ネトウヨの間では「愛国者」としてちやほやされているという事実。あらためて乾いた笑いが出てくるではないか。

●中国ヘイト、韓国ヘイト、沖縄ヘイト...百田尚樹はヘイトデマの総合商社

 まあ、このネトウヨ作家に知性の一片もないことは、多くの人にとって既知のことだろうが、しかし極めて悪質なのは、百田がそうしたバカ丸出しのツイートで、中国人に対するヘイトを煽り、沖縄基地反対運動を貶めようとしたことだ。

 もちろん、基地反対運動に外国籍の人が参加していたとして、それ自体に何の問題もない。しかし、百田の頭のなかにあるのがグロテスクな嫌韓反中感情と中国人とコリアンに対する憎悪であることは自明。事実、百田は日々ツイッターでそうした言辞を吐いている。

 たとえば2013年9月13日には、南京大虐殺の証拠写真がでっち上げだとして〈犯人は蒋介石国民党軍。遺体を陵辱するなどの行為は支那人特有のものですね〉というツイートに返信するかたちで、〈そうです!中国人は昔からやります。日本人にはない特性です〉とのたまった。また16年11月24日には、〈私たちの税金が中国人に使われるのはまっぴらです!本当に最低の民族!!!〉とツイート。言うまでもなく、これらはすべての「中国人」をひとまとめにして「遺体を陵辱する特性」「最低の民族」とレッテル貼りし、国籍差別を煽るヘイトスピーチに他ならない。

 また、百田は昨年11月24日にも、千葉大医学部の学生3名が集団強姦致傷容疑で逮捕された事件で氏名が未公表だったことについて、〈犯人の学生たちは大物政治家の息子か、警察幹部の息子か、などと言われているが、私は在日外国人たちではないかという気がする〉とツイート。この事実無根、根拠皆無の妄想によって「在日外国人=犯罪者」と印象付けるヘイトスピーチには、当然、方々から批判が殺到したが、後に容疑者らの氏名が公表されなかったのはそのなかの一人が"法曹界の名家"であって、これを警察が配慮した結果だと週刊誌が報じ、百田のツイートがヘイトデマであることが確定している。

 さらに、ネット上では日々、ネトウヨたちが「辺野古座り込み運動の大半は中国人と韓国人だ!」なるデマを拡散しているが、ようするに今回の百田による"反対派テントに漢和辞典があった→正体は中国人"という趣旨のツイートも、そうした文脈に乗っかった悪質な印象操作、アジテーションだろう。実際、百田は昨年11月26日にも、こんなツイートをしていた。

〈沖縄高江のヘリパッド基地反対運動のデモ隊のメンバーの多くが、今、朴大統領辞任デモのために韓国に渡っていて、現在、高江のデモ隊はがらがらだという。
朴大統領を引きずり降ろそうとしている運動の背後にいるのは、北朝鮮と中国。つまりは、そういうこと。〉

●「基地反対派はIS(イスラム国)」というトンデモデマまで流布

 こうした印象操作のやり口は、百田以外にも、ネトウヨや極右文化人連中が得意とするところだ。たとえば、ネトウヨユーチューバーのKAZUYAこと京本和也は、「週刊新潮」(新潮社)での連載のなかで、基地反対活動について〈何なら県外と言わず国外からも活動家が押し寄せているのです〉としてこう書いていた。

〈今回(辺野古)テント村では北朝鮮との関係を匂わせるものを発見しました。それは韓国の朴槿恵前大統領打倒派が使っていたスローガンが書かれている座布団です。「下野しろ」と書かれています。なぜこんなものが沖縄の活動家のテントに......。東アジアにおける米軍のプレゼンスを低下させたいという思惑を持つ、中国や北朝鮮の影が見え隠れするのです。〉(「週刊新潮」17年05月18日号)

 ネトウヨ流の飛躍が激しいので、読者向けに"翻訳"してこう。まず、KAZUYAが辺野古で発見したという「座布団」にはハングルで「下野しろ」と書かれていたという。で、それは韓国の朴槿恵退陣デモのスローガンだという。ところで、KAZUYAに言わせれば国内で約90%いる"反・朴槿恵派"は、なぜか全員が"親北朝鮮派"ということになるらしい。ゆえに、辺野古にその「座布団」があったから、基地反対派は北朝鮮と関係がある。きっとそうに違いない。だから、ここには「東アジアにおける米軍のプレゼンスを低下させたいという思惑を持つ、中国や北朝鮮の影が見え隠れする」というのだ。

 バカも休み休み言ってほしい。ひとつの取るに足らない事象に飛躍したストーリーをくっつけて、他方で一般的な事実全般はネグりつつ、最終的に「反日勢力」の謀略と結論づける。典型的なネトウヨ陰謀論のミスリードに他ならない。

 ようするに、基地反対運動を貶めるための、中国・韓国への悪意と沖縄ヘイトをごった煮にした虚妄である。さらに最近では、「基地反対派はIS(イスラム国)」なるトンデモまで始めたらしい。

 前述の我那覇真子氏らとともに"沖縄のネトウヨ"として知られる手登根安則氏が、10月29日、〈嘉手納基地のゲート前にISの旗を掲げテロリストの格好で現れた沖縄サヨク、いくらなんでも、やっていいことと悪いことくらい判るだろう。これでは射殺されても文句は言えない〉と写真つきでツイート、これがネトウヨ界隈で拡散されたのだ。しかし、これを「米軍嘉手納基地前に「IS」メンバー? 日本人男性がハロウィーンで悪ふざけ」(10月30日ウェブ版)なるタイトルの記事にした産経新聞によれば、〈県警関係者によると、男性はISと関係がなく、ハロウィーンに合わせて悪ふざけをしていたという〉ことで、〈普段、嘉手納基地前で「米軍撤退」を叫ぶ基地反対派市民らとは一線を画した活動を行って〉いる人物だという。もはやツッコむ気も失せそうになるではないか。

 このように、連中は基地反対運動を毀損するために、トンデモデマでもなんでも平気でぶってくるからタチが悪い。報道圧力もそうだ。例の自民党の「文化芸術懇談会」で百田は「沖縄2紙はつぶさなあかん」というモロな報道圧力を吐き出したが、その後の沖縄タイムスの取材に対しても、「普天間基地ができた後に住み始めて文句を言うのはおかしい」「基地の地主はみんな大金持ち」と言った発言を繰り返したあと、「沖縄だけが戦争の犠牲になったわけではない。大阪も大空襲で多くの人が死んだ」「沖縄の人は中国を歓迎している(から問題だ)」などと主張した。

 この百田による悪辣な沖縄ヘイトデマについては、当時、本サイトでも詳しく検証した(http://lite-ra.com/2015/06/post-1231.html)ので、是非そちらを読んでほしいが、冒頭に触れた10月27日の沖縄講演会においても、百田は〈反対運動について「日当が何万円と払われている」「中核は中国の工作員だ」と講演〉し、〈根拠については、取材に「ない。そうとしか思えないと言っただけ」と述べた〉(沖縄タイムスより)という。

 いずれにせよ、その虚偽や悪質性を指摘されてもまったく反省せず、沖縄と中国・韓国へのヘイト、下劣な陰謀論とデマを繰り返すネトウヨ作家を、このまま放置していていいわけがないだろう。しかも、その背景には"沖縄いじめ"を繰り返す安倍政権の存在があることを決して忘れてはならない。どれだけバカ丸出しであっても、ひとつひとつ指摘していくしかないのだ。
(小杉みすず)