大塚家具 マンション購入女性層に向けたコンパクト家具シリーズ発売

写真拡大

 (株)大塚家具は、(一社)女性のための快適住まいづくり研究会(小島ひろ美代表)とのコラボで、シングル女性の希望を叶えた新発想の家具シリーズ「コンパクトファニチャー」2ライン各7種を、11月1日(水)より、大塚家具8店舗にて販売開始する。

 これは、マンション購入を希望する女性層が年々増加し、30〜54平米クラスの1LDK〜2LDK(コンパクトマンション)の需要が高まっている一方、狭い空間を有効活用できる機能性と、日本女性の身長に見合ったサイズ感の家具が少ないことから企画されたもの。大塚家具では、今年1月から同研究会会員約86000人の要望を取り入れた商品開発に着手し、(1)Luxury、(2)2WAY、(3)Easy Maintenance、(4)Storageという4つの観点から、オトナカワイイ「ティアラシリーズ」と、北欧テイストの「ノルディックシリーズ」の2ラインを展開する。アイテムはいずれも、ベッド&ソファ、リビング&ダイニングソファ、リビング&ダイニングテーブル、カウンター&ダイニングテーブル、チェア&テーブル、食器棚&家電棚と2WAYの使い方が出来る。

 フェミニンな「ティアラシリーズ」は、マットな白の質感が特徴。曲木で描いたハートの曲線がかわいらしいチェアの座面を裏返すとサイドテーブルや花台として使えたり、ソファベッドではなく、寝心地優先でベッドがソファに変身し、汚れやすい座面のカバーリングをはずして洗濯出来たり。食器棚&家電棚は、上棚にLED照明付きで、飾り棚として使うことも出来る。
 また、「ノルディックシリーズ」は、ブナ材を使用したシンプルな北欧テーストで、男性も抵抗なく使えるという。