ローラさんの飼い猫エラは老衰のため、17歳でこの世を去りました。

「愛猫を失い、心にぽっかりと穴が開いたようだった」と語るローラさん。

ところが、しばらくすると近所の猫が、毎日のようにローラさんの家を訪れるようになりました。

 

Neighbor's Cat Starts Visiting Family Nearly Every Day After They Lost Their Beloved Cat.


エラが健在な頃の2匹。シンバは近くに来ることはあっても、一定の距離を保っていたそうです。


エラが他界してからしばらくすると、落ち込んでいたローラさんの様子を見にくるようになったというシンバ。


やがてシンバは、ローラさんの車に乗り込むようになりました。

[画像を見る]
まるで自分の居場所のように車でくつろぐシンバ。

[画像を見る]
シンバの飼い主にこの話をすると、「うちの車に乗り込むことは1度もないのに!」と驚いたそうです。

[画像を見る]
飼い主以上に心を許すシンバ。

ローラさんは「ほぼ毎日会いに来てくれるので、エラを失った悲しみが和らいだ」と、シンバの訪問に心から感謝しているとのことです。

【「愛猫を失って沈んでいたら…近所の猫が毎日訪れるようになった」】を全て見る