@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

ジープ・ラングラー 2018年型発表

新型ジープ・ラングラーの公式画像が発表された。正式なローンチは、来月のロサンゼルス・モーターショーだ。

これらの画像は、ラスベガスで開催中のSEMAショーにおいて、モパー(FCAグループのパーツ部門)のプレゼンテーションのなかで披露された。

モパーは、200種類を超えるアクセサリーやパフォーマンスパーツを展示。それらはラングラーの発表にあわせて発売されるという。


モパーによれば、ラングラーの98%がなんらかのカスタマイズ・オプションを装着しており、
・サイドステップ
・ノイズリダクション・ヘッドライナー
が最も人気があるとしている。
 

エンジン/インテリア情報


新型ラングラーについては、これまでにユーザーマニュアルがリークしており、パワートレインは、
・2.0ℓ4気筒エンジン
・3.6ℓV6エンジン
になることが分かっている。つまり、現行の2.8ℓユニットは、少なくとも北米仕様からはカタログ落ちということになる。


このうち、2.0ℓは907kgまで牽引可能で、3.6ℓは1587kgまで対応している。
 
また、インテリアは現行世代と大きく変わらないが、インフォテインメント・システムが7.0インチ/8.4インチの2種類から選択できるようになる。

スクリーンにはオフロード性能に関する情報が表示され、
・アクスルの状況
・ステアリングアングル
・現在地の緯度/経度/標高
・ピッチング/ローリングの角度(別画面)
を確認することができる。
 

2ドア/4ドアをラインナップ

さらに、可変横滑り防止装置、緊急自動ブレーキ、フロントワイパー連動ブレーキ除滴機能を搭載。これ以外にもルビコンには、先進オフロード技術が採用される可能性が高い。


また、現行世代のラングラーと同様に、2018年型には2ドアと4ドアを用意。次世代型では、フロントウインドウを倒すこともできる。