内田篤人が『スカサカ!ライブ』で語り尽くす!Qolyも国内復帰などについて聞いたぞ

写真拡大

スカパー!のサッカー専門チャンネル「スカサカ!」。

なかでも、毎週金曜午後9時からレギュラー放送されている『スカサカ!ライブ』は、国内・海外のトップリーグはもちろんJFL・地域リーグ・ユース・女子サッカー・ブラインドサッカーにいたるまで、あらゆるカテゴリーの情報を取り上げる重要な番組だ。

その人気コーナー、岩政大樹が今一番会いたい人に話を聞く「今まさに聞く」に、内田篤人が登場する。

現在ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンでプレーする内田。2014年のブラジルワールドカップで光るプレーを見せた日本人選手の一人だが、その後右ひざの負傷で長期離脱を強いられたことは記憶に新しい。

そんな彼に、鹿島アントラーズ時代のチームメイトでもある岩政が独占インタビュー!

対談の模様は、11月3日(金・祝)の「#31」において、無料放送で前編を、11月10日(金)の「#32」で後編を放送。

さらに、前編・後編で放送しきれなかった未公開部分を含めた完全版が、11月17日(金)午後8時から1時間たっぷり放送されるという。

内容は鹿島時代の思い出や、日本代表への想い、ドイツでの新たな挑戦など、内田自身が「この番組はすごいレアだと思う」とコメントするほど多岐に渡る模様。

これまで選手同士では語ることのなかったサッカーの深い話を繰り広げているほか、新天地での練習の様子や監督・チームメイトへのインタビューもあるとのことだ。

【次ページ】収録に際し、Qolyも内田へ質問してみた!

番組収録を終えた内田篤人と岩政大樹のコメントはこちら。

■内田篤人

どれだけ話しても時間が足りません!僕はサッカーの話、深い話は、サッカー選手としないのでこの番組はすごくレアだと思います。岩政さんとの対談はかつての所属クラブの鹿島の話などもできて懐かしくて嬉しかったです。鹿島時代、岩政さんは若手選手みんなの先生役だった方で、数少ない「表現できるサッカー選手」だと思います。ある意味で師弟対談みたいな感じになっていると思いますので、ぜひ見てください。

■岩政大樹

こういった対談番組という形でないと、日々取り組んでいることに深く切り込むことがないので、自分にとっても貴重な時間でした。対談を通じて思ったのは、内田選手は、僕が彼に対してしてきたことを彼なりに解釈、分析していたのだなということ、やはり賢い選手だと思います。そんな彼が成功してきた足跡は日本サッカーに還元しなければいけないと思いました。この番組を通じて、そのあたりのヒントが見えてくるといいなと思います。

また、今回の対談に際し、Qolyからもいくつか内田に質問をさせてもらった。

― サイドバックにとって一番重要なことは何ですか?

想像力じゃなくて「総合力」!

― 長くドイツでプレーしていて、サイドバックの役割に変化を感じますか?また、ウニオン・ベルリンではピッチ内外でどんな役割を求められていますか?

あまり変化は感じないです。ちょっとサポートする意識が薄いですが、僕は逆にそこを強くして仲間を助けるタイプだと思います。役割はあまり考えず、自由にやらせてもらっています。

― 来年のロシアワールドカップをどのようにとらえていますか?

目標にはしていますし、そこに向かってリハビリもやっています。ギリギリまであきらめたくないです。

― 家族3人での海外生活になって、どのような変化がありましたか?

赤ちゃんはもちろん大事ですが、奥さんも大事にしなきゃなと思っています。自分の親もですね。

― 日本に戻ってプレーするとすればいつ頃になりそうか、イメージはありますか?

タイミングと流れです。時が来れば!

いずれも内田らしい率直なコメント。サイドバックで一番重要なことは「想像力ではなく総合力」という返答も面白いが、やはり気になるのは今後についてだろう。番組ではその辺りも含め、欧州で活躍してきた内田の様々な話が聞けるはず!

まずは、11月3日の『スカサカ!ライブ』で無料放送される前編をチェックだ。