いわさきちひろ生誕100周年記者発表会に登壇した黒柳徹子

写真拡大

2018年、いわさきちひろが生誕100周年を迎える。これを記念して、ちひろ美術館・東京、安曇野ちひろ美術館の両館では2018年の1年間を通して、現代の作家とのコラボレーション展『Life展』を開催するほか、東京ステーションギャラリーでは展覧会『生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。』が行なわれるなど、様々な企画が用意されている。

本日11月1日に東京都内で開催されたプロジェクトの企画発表会には、ちひろ美術館館長の黒柳徹子をはじめ、ちひろの夫である松本善明、息子の松本猛や、『Life展』の参加作家から大巻伸嗣、飛田正浩(spoken words project)、近森基(plaplax)、小原藍(plaplax)、石内都、鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)が登壇。その模様をレポートする。

■黒柳徹子「もっとちひろさんのことを知ってほしい」 平和への願いも受け継ぐ

55歳で逝去したいわさきちひろに会ったことはなく、「いつか自分の書いたものに、ちひろさんに絵を描いてもらえたらいいなと思っていたが、こんなに早くお亡くなりになるなんて思わなかった」と話した黒柳徹子。自伝『窓ぎわのトットちゃん』の表紙や挿絵にいわさきちひろの作品を使用していることでも知られ、ちひろ美術館初代館長の飯沢匡と共にちひろの評伝『つば広の帽子をかぶって―いわさきちひろ伝』を発表している。

黒柳はちひろの訃報を目にした時のことを振り返り、「新聞に広げてちひろさんが亡くなったという記事を読んで涙がこぼれました。お目にかかったことのない方の死を知って泣くことはめったにないんですけど、本当に子どもの味方がなくなってしまったような悲しい気持ちと不安でいっぱいでした」と明かした。ちひろは黒柳の誕生日の前日である8月8日に亡くなっており、黒柳は自身の誕生日が長崎に原爆が落とされた日であることから普段自分では祝わないが、その日は祝ってくれる人がおり、お返しにちひろの作品を渡そうと手にして家を出たところで新聞を目にしたという。

また今回の企画については「来年、生誕100周年を迎えるにあたってもっとちひろさんのことをみなさんに知っていただきたい。生誕100年をこうやって皆さまと迎えることができたこと、大変嬉しく思っています」と話した。

さらに作品に平和への願いを込めたちひろの想いに触れた。

「いま世の中はなんとなく騒然としていて、子どもたちの平和がどれだけ続くかということをみんな心配している。ちひろさんが一番心配しているのはそういうことではないか」「(報道陣に対して)戦争を知らない皆さまも平和がどんなに素晴らしいか、自由がどんなに良いかということを発信し続けてくれたら嬉しい」

■夫が語るちひろ「あの戦争について考えなければ前に進めなかった」
ちひろの夫で、公益財団法人いわさきちひろ記念事業団評議員を務める松本善明はちひろとの出会いを振り返る。

ちひろは戦前から戦争反対を貫いてきた共産党に感銘を受け、のちに共産党の国会議員となった松本善明と党の会合で出会った。なぜ共産党は戦争に反対することができたのかを知りたいと長野から上京したちひろと、自身も戦争中は海軍兵学校へ行き、戦争が終わってなぜ戦争が起きたのか、海軍に行った自分は正しかったのかと自問した松本。「あの頃の青年はあの戦争について考えなければ前に進めなかった。それはちひろも同じだった」と回顧した。

さらに松本は「いま日本は戦争という問題について改めて考える時期にきているのではないか」と話す。

「私たちは戦争が終わって若い頃はみんな戦争について考えた。これから戦争が起こるかもしれない。それを防がなければならないという時代に入っている中で、いわさきちひろの記者発表にこれだけの人が集まってくれて心強い」「絵だけでなくいわさきちひろという人間がどう生きたのかというのも大きな課題。絵を起点にちひろの人生や日本の歴史についてみなさんが考えていただくということを願っている」