傷口は乾かして治すといわれていましたが、現在では潤わせて治す方法が主流に。治療期間も短く、傷跡も残らないと、注目を集めています。

「傷の潤いを保って治す」湿潤療法が注目

むかし、転んでできた擦り傷や切り傷は、患部を消毒してガーゼや絆創膏で保護しながら、できるだけ患部を乾燥させるのが主流でした。乾かすことにより、細菌の繁殖を防ぐためです。
それが近年、湿潤療法(モイストヒーリング)という、傷の潤いを保って治す方法が登場。病院では専用の創傷被覆材(そうしょうひふくざい)を使いますが、家庭では食品用ラップで代用が可能。早く治り、傷も残りにくいと注目されています。

乾燥させると細菌だけでなく正常な細胞にもダメージが

乾燥して傷を治す方法は、メリットもありましたが、実はデメリットも多いそう。傷を乾燥させると細菌の繁殖を防ぐ作用がありますが、同時に自然治癒力の要となる細胞も死んでしまいます。

消毒やガーゼも患部を傷つける

また、消毒液は細菌よりも、人の正常な細胞の方に大きなダメージを与えるそう。そしてガーゼは、傷を治すための抽出液を吸収し、傷口をふさいでしまいます。傷を化膿させる原因になるほか、ガーゼの交換時に患部を傷つけてしまうのです。これでは、治すつもりが、細胞を傷つけ、より傷を深くしてしまうということにもなりかねません。

湿潤療法では自前の浸出液を生かして傷を修復

湿潤療法では、傷口を水道水で洗って細菌を除去した後、体の自然治癒力を最大限に生かす環境を作ります。傷口ができると、人の体はさまざまな細胞を傷口に集めて皮膚の再生をスタート。傷ができると表面に水分が上がってきますが、これが傷の修復に重要な細胞を豊富に含んだ浸出液です。この浸出液に含まれる細胞が活発に働ける環境を作るため、患部を覆います。クリニックで行っている湿潤療法では、医療用の創傷被覆材を使用します。

湿潤療法のやり方

家庭では、白色ワセリンを塗った、食品用ラップで傷口が乾かないようにカバーをします。
傷口は毎日、水道水で洗い、新しいラップに取り替えを。夏場は、1日2〜3回取り替えたほうがいいでしょう。湿潤療法なら、小さな傷が数日で治るという報告も。傷跡が残らないようにするには、傷ができてから2週間以内に処置をすることと言われています。家庭で処置をしても、5日以上回復が見られない場合は、医師に診てもらってください。

家庭で行う場合は小さな傷のみに

湿潤療法を取り入れた、絆創膏も市販されていますので、活用するのも手です。家庭でラップを用いて傷を治す場合は、基本的に小さな傷のみにしましょう。
間違った方法で行うと、傷を悪化させてしまう場合があります。特に、傷から出る水分が多かったり、壊死組織という、死んでしまった組織が傷口に多い場合は、細菌が繁殖して危険です。

家庭での治療を避けた方がよい場合

糖尿病など、免疫力落ちている人も家庭での治療は避けた方がよいでしょう。また、傷の周囲が赤く腫れている、熱を持っている、痛みがある場合は、医療機関で抗生物質による治療が必要です。大きな傷や痛みが強い傷の場合は、自己判断せずにまず病院を受診しましょう。

そのほか、家庭での治療を避けた方がよい場合は以下のようなものです。

・ 原因不明の傷

・ 深い傷

・ 皮膚の一部がない傷

・ 刺さった破片(木や金属など)が残っている傷

・ 動物による傷

・ 低温やけど

・ 砂や泥が入り込んでいる傷

・ 38度以上の熱が出ている場合

また、日本皮膚科学会によると「介護現場で見られる床ずれの傷は、ラップではなく医療用として認可された創傷被覆材が望ましい」とされています。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと