【会見】「FC東京の育成を顕揚して頂きたい」FC東京の大金社長、プロ契約の久保&平川に期待…久保のバルサ復帰報道一蹴

写真拡大

▽FC東京は1日、FC東京U-18から加入するU-20日本代表MF久保建英(16)、U-17日本代表MF平川怜(17)の入団会見を行った。

▽同会見には代表取締役社長を務める大金直樹氏が出席。久保と平川とのプロ契約に至った経緯を説明し、FC東京と日本を背負う逸材だと期待を寄せた。

▽また、一部で浮上している久保のバルセロナ復帰の報道について「一切ございません」と一蹴。平川を含めてまだ高校生の両選手に対して暖かく見守るようメディア陣に配慮を求めた。

◆大金直樹代表取締役社長(FC東京)

「改めまして本日、平川怜選手と久保建英選手のトップチーム昇格およびプロ契約を締結いたしましたことをご報告致します」

「平川選手と久保選手は、ここ2年間主戦場をユースではなく、U-23というJ3の舞台で戦ってまいりました。そういった戦う姿を見てもっと高いレベルでやれるのではないか、もっと良い環境で戦わせてあげたい、そんな思いです」

「また、先月にはU-17ワールドカップが開催され、彼ら自身もいろいろなことを感じ取ったと思います。世界との差、通用すること、通用しないことなど。クラブとしてももっともっと高いレベルでやることが彼らにとって近道になるのではないかという思いで本日を迎えたということでございます」

「世界のクラブが彼らに注目していると感じています。今日からはプロサッカー選手として、評価してもらえるようなそんな環境を作ることができればクラブとしても良いと思ってきます」

「彼らの目標は世界を見ていると思います。そして、次のユース、ジュニアユースの選手たちが彼らを目標にしていると思います。彼が引っ張ってFC東京の育成を顕揚して頂きたいと思っておりますし、彼ら2人はFC東京を背負って、日本のサッカーを背負っていってもらえる逸材だとクラブも確信しています。大いに期待しています」

「2020年には東京オリンピックがあります。首都東京にあるクラブとしては、そのオリンピックに是非選手を輩出したい。その中心にこの2人がなってもらえたらという思いもあります。是非温かい目で見て頂ければというふうに思います」

「最後に関して、久保選手についてですが、一部報道で他クラブとの約束がされているのではないかというような報道がありました。そのことに関しては一切ございませんということをお伝えしておりますし、今後もこの件に関しましては、是非メディアの方々にはご配慮頂けますようよろしくお願いします」

「まだ16、17歳でいろいろな意味でこういう場に慣れていません。そういった面も含めてメディアの方々にも温かく見守って頂ければというふうに思います。よろしくお願いします」